090や080の携帯番号を捨てるメリットデメリット|本当に必要?

LINEやその他IP電話サービスがあれば、080や090の番号がない格安SIMのスマホで、普通に通話できる時代になっているのに、なぜ多くの人は080や090番号を持ち続けるのでしょうか。自分は先日10年以上保持していた080の携帯番号を捨てました。改めて080や090の番号を捨てることのメリットとデメリットを考えてみました。

メリット

月々の料金が安くなる

これが最大のメリットですね。私は先日auからmineoという格安SIMに乗り換えました。mineoはMNPで電話番号をそのままで移行することもできます。ただ、080や090で通話できるプランと、データ通信のみのプランがあり、月々の料金が違います。

データ通信が3Gのプランだと、

080や090番号で通話できるプラン 1,510円
データ通信のみのプラン 900円

なんと610円も違います。これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが、610円は1年にすると7,320円になります。

私は、今の080番号でなきゃいけない状況ってどれだけあるのだろうかと考えてみました。LINEやIP電話で代用できない利用シーンですね。

でも、全然思い浮かばないんですよね。昔の恋人や好きだった人から電話がかかってくるとか妄想することもありますが、今まで一度もかかってきたことないですし、これからも一生ないでしょう(笑)

080や090の番号ってIP電話に比べて時間あたりの通話料も高いのをご存知でしょうか?

例えば、30秒当たりの通話料について、mineoの090番号からと、mineoのIP電話サービス(LaLaCall)を使用した場合を比べると

090番号通話 携帯電話宛て 20円
090番号通話 固定電話宛て 20円
LaLaCall 携帯電話宛て 9円
LaLaCall 固定電話宛て 1.33円

携帯電話宛てだと半額以下、固定電話宛てだと15分の1の通話料で済みます。

090や080番号からの通話料の30秒あたり20円というのは、au、Softbank、docomoなどの大手などもだいたい一緒です。(プランによって多少違いますが)

携帯電話宛ては最近だとLINEで済むことがほとんどなので、お店などに連絡する通話料金が問題になります。それが15分の1になるというのはすごく助かるんですよね。

精神的に解放される

今まで、080番号を大事に大事に10年以上維持してきました。なのであまりやたらめったら人に教えたりもしません。なにかの申し込みで携帯番号の入力が必要だったりすると、申し込みするのを躊躇したりもします。

そんな感じで、どことなくしばられたような気持ちになっていました。ですが、IP電話にすると、番号なんていつでも変えられるし、と思うようになりました。IP電話には050の番号が割り振られます。この番号は比較的簡単に変えられるので、もし変な人に教えてしまった!なんてことがあったら変えてしまえばいいのです。

昔の知り合いはFacebookなどのSNSで相変わらずつながれる

これはメリットというより、心配していたけど大丈夫だった点です。080番号を捨ててしまったら、昔の知り合いから連絡がこなくなってしまうのではないかとちょっと心配していました。まぁ、「050番号に変わったよ」と全員に連絡すればいだけなのですが、数も多いし面倒なので私は頻繁に連絡をとる人くらいにしか連絡をしていません。

ですが、用がある人は、Facebookで探してメッセージをくれるので大丈夫でした。Facebookをやっていない人もいますが、最悪知り合いの知り合いなど誰かを仲介すれば間違いなく繋がれる時代にはなっているので、あまり心配しなくても大丈夫かな、と思います。

デメリット

090番号なんていらねー、IP電話最高!という説明をしてきましたが、080、090番号がないとできないこともいくつかあります。捨てる検討をしている人は事前に知っておいたほうがいいです。

110番などの緊急通報用電話番号にかけられない

IP電話だと、警察の110番や消防の119番などの緊急通報用電話番号にかけることができません。とはいえ、めったにかける必要もないので、困らないとは思います。

もしそのような緊急事態になったら、誰か携帯を持っている人に借りたり、公衆電話からかけるように意識しておけばいいのではと思います。

0120のフリーダイヤルにかけられない

よく企業の問い合わせやサポート用に使われる0120のフリーダイヤルですが、IP電話からかけることはできません。

こちらも借りたり、公衆電話からかけるなどの対応が必要です。

一部のお店やサービスで予約ができない

大抵のお店は050のIP電話からかけても普通に予約を受け付けてくれるのですが、一度だけ「050番号はあやしいから予約には対応できません。」と断られたことがあります。

このあたり、格安SIMが普及していくにつれて、なくなっていくとは思いますが。

LINEのSMS認証ができない

LINEは090か080の番号を持っていることが前提のサービスなので、SMSに確認番号を送って認証を行います。080番号を捨ててしまうということは当然SMSも使えないので、認証できなくなってしまうのです。

ガラケーなどと二台持ちなら、そちらのSMSに認証番号を送らせて、スマホ側のLINEを認証することはおそらくできます。(ガラケー側でLINEを使わない前提です)

LINEの認証ができないとどうなるかというと、次の2点ができなくなります。

  • ID検索(検索するほうもされるほうも)
  • LINE電話(LINEのIP電話サービス)

ID検索については、新たに知り合った人とIDを交換しても友達に登録できない、してもらえない、ということになります。

ただ、これについては、QRコードやふるふるで友達追加すればいいので問題ありません。

遠距離にいる人にどうやってQRコードを見せたりふるふるをすればいいのか、という問題がありますが、QRコードの画面キャプチャーをとってメールなどで送り、相手側で読み取りをしてもらうことで対応できます。

LINE電話というのは、LINEを使って080や090の番号からかけられるというサービスです。時間あたりの通話料はIP電話レベルの格安になっています。SMSで認証していないとこれが使えません。

ちなみに、通常のLINEの通話はSMS認証無しでもできます。つまり友達追加してあれば、音声通話はできるということです。できないのは、電話番号宛てのLINE電話になります。

電話番号宛てにかけるのでLINE電話がないと困る!という方は、他のIP電話サービス(mineoだとLaLaCall)に加入し、050番号を取得すればいいのでは、と思います。

LINEやIP電話の着信に出るときにあたふたしてしまう

自分はiPhoneを使用していますが、通常の080番号への着信はすぐに出ることができます。ですが、LineやIP電話への着信は、それぞれのアプリへの着信になるので、標準の電話アプリと出るときの勝手が多少違います。ロック画面を解除したり、アプリを探したりする、といったステップが必要になることがあり、慣れるまであたふたしていました。

ですが、このあたりは慣れの問題だし、設定しだいで簡単に出られるようになると思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。参考になれば幸いです。

IP電話への移行は、多少使い勝手の面でまだデメリットはありますが、月々の料金がぐんと安くなると思えば全然許容範囲だと思いますね。

あなたのその080や090の番号、月に何回くらいかかってきますか?050番号に変えたらダメな明確な理由ってありますか?

自分は080番号を捨て、格安SIMを使うようになり3ヶ月が経ちました。格安simのmineoに移行しようと思ったきっかけと、現時点での体験レポートを記事にしましたので、よろしければそちらもご覧ください。

⇒auからmineoに乗り換え3ヶ月目の比較|まだ2年縛りで消耗してんの?

羊毛や小麦