Amadana Music レコードプレーヤー SIBRECOのレビュー

Amadana Music レコードプレーヤー SIBRECO

デザイン家電で定評のあるAmadana(アマダナ)が手がける話題のレコードプレイヤーを買いました。DJ用のターンテーブルは持っていたのですが、もうちょっとお洒落なのを部屋に置きたいというのと、アナログレコードをデジタルデータに手軽に変換できるのに惹かれて買いました。

ようやく到着。箱もお洒落です。

Amadana Music レコードプレーヤー SIBRECO

こんなクリスマスカードも付いてきます。粋ですね。

Amadana Music レコードプレーヤー SIBRECOクリスマスカード

ネット上にもまだ口コミが少ないので、使った感想を書きますね。

結論から先に言うと、オーディオマニアの方にはおすすめしません。45回転のピッチが多少早いです。注意して聴くとわかります。

ただ、そこまで音質にこだわらずに手軽にレコードを聞ければよくて、インテリアとしても楽しみたい方には、価格も手頃でちょうどいいかもしれません。

では、残念だった点と良かった点を詳しく挙げていきます。

残念だった点

再生速度が若干早い

33回転のほうは大丈夫なのですが、45回転はCDと聴き比べると早いのがわかります。音程がきもち高くなってるので。

中を開いてマイナスドライバーで、調整する方法もあるのですが、結構器用じゃないと壊してしまいそうなので、私はやっていません。

入力端子がない

ちょっとだけ残念だったのは、せっかく内臓スピーカーが付いているので、iPhoneの音源をこれでならしたいなーと思ったのですが、入力端子がなくてできませんでした。とはいえ、使い方としてはレコードの音源をならすのがメインなので、全然問題ないですが。

イヤホン端子がない

自分はヘッドホンをつないで大音量で聞いてみたいなーと思ったのですが、イヤホン端子がありませんね。まぁ、データ化してiPhoneで聞けばいいですが。

良かった点

見た目がお洒落

本物の木材を使用したボディーと、黒を貴重としたアームやカバーや脚の部分。すごくシックです。アンティーク品と言われても僕は疑わないですね。お部屋のデザインにこだわる人には申し分ないです。

音がまぁまぁ良い

再生速度が早いのはおいといて、音質自体は悪くないです。

自分はテクニクスのターンテーブルを持っていますが、それと比べてもそんなに遜色ないです。

有名DJの須永辰緒氏がプロデュースしているだけあるかもしれませんね。

スピーカーが無くても音が出せる

下の画像を見て頂くとわかりますが、内臓のスピーカーが左右の脚の部分についています。なので、スピーカーがないような環境でも、これ1台持っていけば音が出せます。ちょっとしたハウスパーティーなんかに持って行ったら盛り上がりそうです。

TEXT

レコードをデジタルデータに取り込むのが楽

個人的にはこの機能は素晴らしいと思いました。USBケーブルでお持ちのパソコンとつなぐことで、アナログレコードを簡単にデジタルデータ化できます。専用のソフトがCD-ROMとしてついています。
自分は大好きなアナログレコードの音源をデジタルデータ化してiPhoneに入れ、ドライブ中や散歩中に聞いて楽しんでいます。

値段が安い

とても16,200円とは思えないですね。

まとめ

音質にこだわるかたには、やはりおすすめできません。

ただ、手軽にレコードを楽しみたい方、お洒落なインテリアとしても使いたい方にはピッタリかもしれません。

↓↓

送料無料 Amadana Music レコードプレーヤー SIBRECO

羊毛や小麦