auからmineoに乗り換え3ヶ月目の比較|まだ2年縛りで消耗してんの?

mineoの中身

auからmineoに乗り換えて3ヶ月が経ちました。乗り換えた理由の説明と現時点でのauとの比較をします。参考にしていただければと思います。

乗り換えた理由

2年縛りというシステムがもうイヤ

auを使い始めて2年、更新月になる頃、次のキャリアをどうしようか考えました。Softbankやドコモへ行けば、乗換え割などで最新の端末が安く手に入るのはわかっていましたが、もうこの2年を意識して毎日生活するのがイヤになったんですよね。更新月を1日でも過ぎれば自動更新され、解約すると違約金がかかるのがおかしいと思うようになりました。mineoのような格安SIMには2年縛りはなく、いつ解約しても違約金はかかりません。

auの料金は高い

auを使っている時、各種割引などがあり月々の料金は平均3,500円程度でした。これを友達に言うと、「めちゃくちゃ安いね!」と言われていたんですが、自分にとっては安く思えませんでした。6,000円以上月々払っている友達結構いるんですよね。それなのに、お金なくて残業しまくってるとか、何かがおかしいよな、と思います。

また、auは2年経つと各種割引がなくなったり減額されます。なので、3年目以降は自分の場合5,000円は超える予定でした。

この2年縛りと割引の減額については、下の記事に書きました。

⇒auの更新月の調べ方と更新月を逃したらどうなるか

ちなみに、mineoに変えたところ、月々の料金はなんと850円になりました。

auへの乗換ユーザーの過剰優遇

iPhone 6Sが欲しくなり、各キャリアでの条件を調べていたんですが、auはMNPで乗り換えてくるユーザーにはキャッシュバックをすごく払っているのに、既存ユーザーには全くそういうのないんですよね。

最近はSoftbankより露骨な印象です。例えばこれとか。

CBというのはキャッシュバックということで現金や商品券などが渡されます。そのお金はどこからでてくるのでしょうか?もちろん既存ユーザーの料金からとられています。

何も知らない人が損をする仕組みになっているのです。

auのサポートの引き留め工作

auにMNP番号をもらうために電話した際の引き留め工作が逆にmineoにいく自分の背中を押してくれました。「とどまってもらえたらポイントを差し上げます。」など言われました。一瞬心が揺らぎましたが、これはMNPしようとしない人はもらえないポイントなので、不公平に感じ、企業としての誠実さに疑問を感じました。

mineoのサポートが素晴らし過ぎる

auのサポートに電話すると、プッシュ式の選択肢をいくつも選んで、やっとのことでオペレーターにつながって質問したら、「それは部署が違うので転送します。」など言われてたらい回しにされることが、よくありました。

mineoはではそんなことは皆無です。というのは、電話でのサポートではなく、WEBサイトでのリアルタイムのチャット式のサポートになっているためです。

mineoサポートチャット

mineoの公式サイトを開き、画面右下のアイコンをクリックすると、こんなチャットが表示されます。ここで、気になることをたくさん質問しました。「プラン変更時に手数料はかかるの?」とか調べればわかるようなことも質問していましたが、1分もかからずに回答してくれて疑問は全て解消しました。このシステムは本当に3大キャリアにも見習ってほしいものです。

もし気になることがあれば、こちらで遠慮なく質問することをオススメします。技術的なことから料金のことまで、本当にどんな些細な質問でも大丈夫です。

⇒mineo公式ページ

mineoではauで使っていたスマホが使える

mineoはauの回線を使用しているため、auのスマホが使えます。私はauのiPhone 5Cを持っていたので、それを使えば新たに端末代がかからないため、mineoにしました。

乗り換えから3ヶ月目での感想

お昼時12時くらいに遅くなることがある

なぜかお昼12時くらいに遅くなることがあります。もしかしたら昼休みでネットを楽しむ人が多いからかもしれませんが、au時代には感じたことはありませんでした。なので、昼休みの趣味がネットサーフィンというかたはちょっと注意したほうがいいかもしれません。

ただ、それ以外の時間帯はau時代の速度と全く変わりません。

料金は激安

やはり安いです。料金は基本的に

  • 通信量
  • 通話を使うかどうか

で決まります。

自分は通信量は3Gにして、通話はしないシングルタイプにしました。通話はしないタイプなので、自分は090の電話番号を捨てるという決断を行いました。(詳しくは090や080の携帯番号を捨てるメリットデメリット|本当に必要?参照)

最近090の電話番号って使わないんですよね。ほとんどがLINEの通話機能ですみますし。なので、思い切って捨ててしまいました。(結局MNP番号は使いませんでした)

私の母もmineoに契約しました。なので、料金はシングルタイプの3Gの900円から家族割の50円を引き、850円(税抜)となっています。auの3,500円から2,650円も安くなっています。

ちなみに、通信量3Gで通話もできるデュアルタイプにする場合は、1,460円(家族割適用時)になります。十分安いですが、毎月610円は大きいですよね。この際090の番号捨てるという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか?

auやSoftbankのような自宅のネット回線とのセット割は無い

自分はauひかりを自宅のネット回線として使っていました。スマホもauだったので、スマホの料金月額2,000円程度割引きされていました。Softbankなども同じようなシステムがあると思います。

残念ながらmineoにはこういうセット割はありません。

なので、mineoに乗り換える段階でauひかりを使っているメリットがなくなったので、自宅のネット回線を激安ネット回線のヤフーBB ADSLに乗り換えました。それについては下の記事に書きました。

⇒ヤフーBB ADSLの評判|速度や料金も徹底検証!今更?って言わないで!

au-wifiなどの街のwi-fiスポットサービスは無い

auでよかったサービスとして、auユーザーならau-wifiが無料で使えました。結構色々なお店で使えていたので重宝していましたが、mineoにはそのような無料wi-fiサービスはありません。なので、私はカフェなどでネットを使用したい場合は、スターバックスなど店が独自に無料wi-fiを設置しているところに行くようになりました。

LaLa Callが便利

LaLa CallというIP電話のサービスが基本料無料(※)で使えるので、050番号が持てます。これもあって090の番号を捨てる決心をしました。

050番号があれば、誰かと電話番号を交換してかけてもらうこともできます。(最近そんなケースはほぼないですが)なので、ほぼ090番号と同じように使えます。しかも、IP電話なので通話料が激安です。そしてLaLa Callの通信量はカウントされないのが素晴らしい点です。つまり、実際にはパケットを使っているのに、いくら使っても先ほどの通信量3Gから減らないのです。

スマホからIP電話を使うのは、LINE電話や050Plusなど色々な方法があります。ですが、これらをmineoで使うとパケットはきちんとカウントされ消費されてしまいます。LaLa Callはmineoと同じ会社がやっているサービスのためこのように優遇されています。

ただ、デメリットが三つあります。

  • 110番などがかけられない。
  • 0120のフリーダイヤルにはかけられない。
  • ある特定の業種のお店は050番号での予約を受け付けてくれない。

一つ目と二つ目は公衆電話からかけたり、友達に電話を借りればいいと思います。
三つ目はちょっと予想外だったのですが、おそらく050番号からいたずらでかける人がいたり、信頼性がまだないためだと思われます。

※ 2017年2月1日から108円の基本料金がかかる予定です。ただ、無料通話108円分がもらえます。

毎月通信量2Gがタダでもらえる

3Gの通信量のプランにしましたが、実はこれに加えて毎月2Gタダでもらえます。なので、実質毎月5Gということになります。

というのは、フリータンクという、余った通信量をみんなで貯めておいて共有しよう、というシステムがあります。ここから毎月2Gまでもらうことができるのです。非常にありがたいです。

iPhone 5Cだとテザリング不可、SMSは△

これは下の記事に詳しく書きましたが、私のiPhone 5Cだとテザリングはできませんでした。また、SMSは3Gにネットワークを切り替えないと使えません。一手間かかりますが、メッセージはほとんどLINEで済み、SMSはWEBサービスの認証くらいでしか使わないので自分は問題ないですが。

mineoでauのiPhone 5S/5CのテザリングはiOS7.1.2の人だけ

試す場合はプリペイドタイプよりも契約しちゃったほうが安い

mineoに移行するか迷っている場合、実際に試すためにプリペイドタイプ(3,456円)を購入するという選択肢もありますが、実際に契約してしまったほうが安くあがります。

その際は、MNP契約しないで、新規で契約します。試してみてよかった場合は、その契約は解約して、新たな契約でMNPするということです。

mineoの料金は日割り計算のため非常に安く済みます。契約時に通常3,240円の事務手数料がかかるのですが、エントリーコードを使えば、それもかからなくなります。エントリーコードの入手方法は下の記事に書きました。

なので、エントリーコードをAmazonで買い1週間程度試した場合でも、1,000円程度で試せます。

MNP先として選べるのはデュアルタイプのみ

これは少し上級者向けの話です。

mineoは、

  • デュアルタイプ : 通話もできるタイプ
  • シングルタイプ : 通話はできずデータ通信のみ

に分かれています。

通話ができないシングルタイプでもSMSができるので、最初、その番号として以前のキャリアでの番号が使えるのかと思ったのですが、それは無理とのことです。

なぜ、これが気になったかというと、LINE電話の存在です。

LINE電話は、SMSで認証できればデータ通信だけで、090の番号(080や070も)から電話をかけることができます。なので、シングルタイプでもSMSがあればLINEの認証ができるので、今までの番号でLINE電話できるじゃん!と思ったのです。シングルタイプにはMNPできないということがわかりました。

ただ、シングルタイプのSMSには新たな090番号(080や070の可能性もある)が割り振られるので、それでLINE電話はできるということです。先ほど触れた050番号の信用度が低いのが嫌なかたにはいいかもしれません。とはいえ、LINE電話はかけることはできても着信はできません。なので、あまりニーズはないかもしれませんが。

まとめ

色々と書いてきましたが、mineoに乗り換えて大正解だと感じています。

  • 料金が激安
  • 2年縛りがない
  • 日割り計算

などが非常に心地がいいです。

あなたも2年縛りから解放された激安スマホ生活を体験してみませんか?下のリンクからだと、2017/1/31までのキャンペーンで1,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

↓↓お気に入り(ブックマーク)登録推奨↓↓

mineo Amazon ギフト券へのボタン

羊毛や小麦