iPhoneが充電できない原因と対策|修理やケーブル再購入の前に試すべきこと

先日iPhone5Cが急に充電できなくなりました。それまで、電池は丸一日は必ず維持できていて、バッテリーが急におかしくなることは考えられないのですごく不思議に思いました。思考錯誤した結果、無事充電できるようになったので、修理や充電ケーブルの再購入でお金を使う前にぜひ試してください。

最初に充電ケーブルの断線を疑う

今まで何度か充電ケーブルが断線してしまい、充電できなくなったことがありました。しかし、今回は家族が使っていた充電ケーブルを借りてもダメ、100円ショップで買ってきたやつもダメ、だったので、ケーブルが原因ではないだろうと判断しました。

次に本体側のケーブル差込口の接触がおかしいことを疑う

この差込口の接触が怪しいのでは?と思いました。

iPhone差込口

どこかのネット記事で、接触部が汚れている可能性があるので、綿棒に除光液をつけて汚れをとったら復活した、というのを見たのでやろうとしました。しかし、綿棒は太くてこの差込口には入りませんでした。なので、爪楊枝にティッシュペーパーを巻きそれに除光液をつけて優しく拭きました。その結果。。。

変化なしorz

相変わらず充電できません。

そしてまたネットでいろいろ探しているうちに、この差込口には、ほこりなどのゴミがたまりやすいという記事を目にしました。

もしかしてと思い、iPhoneに最初についているSIMカード挿入口を開くための金属の棒、下のやつですね、

iPhoneについてる棒

これの棒の部分で思いっきり差込口の奥の方をホジホジしてみました。奥の方は別に重要な部品はないだろうと思ってかな〜り強めにホジホジしました。

すると驚くべき物体に遭遇しました。はいこれ。

ゴミ

お分かりになりますかね?この大きなホコリ?ティッシュの破片?が出てきました。

すごいですよね。この大きさ。多分平安時代の貴族が見たら蹴鞠にして遊びだすと思います。

これがiPhoneの差込口に入っていたんです。

これを取り出した後に、充電器を差し込んだところ。。。

見事充電できました!

なお、iPhoneについてる金属の棒をなくしてしまった方は、クリップをまっすぐにして棒状にしたものでもOKだと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。iPhoneをポケットに普段から入れている人は、結構ポケットの中のゴミが入っちゃうんですね。というかどんだけポケットの中汚いんだよって感じですがw

ぜひ修理やケーブル購入でお金を使っちゃう前に試してくださいね!

羊毛や小麦