Cloudタグの記事

S3のウェブホスティングでSVGが表示されない件への対処

S3のウェブホスティングで運営しているサイトでなぜかSVGのファイルが表示されなかったのですが、対処法がわかりました。

特定のS3バケットだけ操作可能なPolicyを適用したIAMユーザを作る方法

Amazon S3を使用する上で、アカウントに紐づく全てのバケットを操作できるユーザーを作ってしまうのは、避けたいところです。例えば、特定のバケットで誰かと共同作業をする際、他のバケットまで操作できてしまう権限を与えてしまうことになります。この記事では、特定のバケットのみ操作ができるIAMユーザーを作る方をご紹介します。

OpenShiftでWordPressサイトを無料で10分で立ち上げる方法

OpenShiftは3台まで無料で使えるサーバーです。WordPressもクリックひとつでインストールできるようになっています。ストレージも1Gまで使えます。1Gあれば、画像をきちんと最適化してさえいれば、かなり大量の記事のサイトにも対応できるはずです。そんなOpenShiftで10分以内でサイトを公開する手順をご説明します。

StaticPressとS3で爆速で激安な静的サイトを作ろう

WordPressのサイトが重い!遅い!とお悩みの方に朗報です。StaticPressというWordPressのプラグインを使ってサイトを静的サイトに変換し、Amazon S3というサーバーで運用すれば、驚くほど高速なサイトになります。しかも超格安に。

Amazon S3と同期させるためのツール7選

Amazon S3とお手元のWindowsやMac内のフォルダと簡単に同期できたら便利ですよね。そのためのツールが色々あって、比較検討してみたのでご紹介します。

Amazon S3でディレクトリ構成変更時に新しいパスにリダイレクトする方法

Amazon S3でのサイトをホスティング、便利ですよね。そんなS3でディレクトリ構成を変更した時に、ちゃんと古いパスから新しいパスにリダイレクトをする設定をしていますか?

HerokuとElastic BeanstalkとOpsWorksを実際に使って徹底比較した結果

WEBスタートアップにとってサーバーの管理というのはできるだけコストや手間をかけたくないところです。そこで重宝するのがPaaS(Platform as a Service)です。

シリウスで作ったサイトをAmazon S3に展開する方法

サイトアフィリエイトをする上で、必須ツールと言えるのがシリウスです。そんなシリウスで作ったサイトを月額10円程度の激安激安ウェブホスティングサービス Amazon S3で使えたら最強です。また、S3はSEO上有利とされるバックリンクサイトのIP分散も簡単に行えます。

ムームードメインで取得した独自ドメインをAmazon S3に適用する手順

ムームードメインでドメインを取得し、AmazonのS3のWEBホスティングにそのドメインを適用する手順です。なお、本手順は日本語ドメインにも適用できる手順となっています。

Middlemanで作ったサイトをAmazon S3にデプロイする手順

Middlemanで生成したサイトをAmazon S3にデプロイする手順をご紹介します。既に同じような記事はありますが、ちょっと古かったり抜け落ちたりしていることが多いので、今回改めて書いてみました。