MacBook Air/Pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

Macbook Air 2013の充電器のケーブルがボロボロになってしまって、金属のケーブルがむき出しになってきてみっともないし、危ないので対策を検討しました。最終的には純正を購入しました。

いくつか対処法があるので、ご紹介します。

ちなみに、ご自身の充電ケーブルのモデルがわからない方は、下の公式サイトでシリアル番号を入力して確認することをお勧めします。

Mac ノートブックの正しい電源アダプタと電源コードを確認する

  1. 保証期間内であれば無償交換してくれる
  2. 交換修理品を購入する
  3. 普通に純正品を購入する
  4. 互換品を購入する
  5. 日本製の互換品を購入する
  6. 結局どうしたか
  7. MacBook Air/Pro電源ケーブルを長持ちさせるために
  8. さいごに

保証期間内であれば無償交換してくれる

購入後の1年間、Apple Careに入っていれば3年間、ハードウェア保証がつくので、無償で交換してくれます。

手順は、以下のページから、電話かチャットで依頼するか、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店に直接行って依頼します。

Apple サポートへのお問い合わせ

交換修理品を購入する

保証期間が切れている場合は、純正品(9,500円)を普通に買うよりも少し安い、7,344円(税込)の交換修理品を購入することができます。こちらは、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店で購入できます。

交換する電源ケーブルと、お持ちのMacBookを持参するのをお忘れないようにしてください。

なお、通常の純正品であればプラグや延長する太いケーブルもついてきますが、交換修理品の場合は交換できるのは壊れたパーツのみです。

普通に純正品を購入する

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

何らかの理由で交換修理品が購入できなくても、普通に純正品を9,500円(税込)で購入することができます。

純正品は、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店で購入できます。また、オンラインの場合は、AppleオンラインストアかApple正規サービスプロバイダのヨドバシカメラのオンラインストアで購入できます。

※「純正」「バルク品」にご注意!

Amazonや楽天で「純正」や「バルク品」と称した製品が安く販売されていますが、ほとんどが偽物で粗悪品である可能性が高いので、おすめしません。

もしリスクを承知で挑戦する場合は、レビューのコメントをチェックしてなるべく評価が良いものを選びましょう。

互換品を購入する

純正や交換修理品は価格がかなり高いですよね。費用を抑えるため、互換品を買うという手段があります。つまり、Appleではないサードバーティーが作っている製品ですね。

私も以前ElecTownというメーカーのものを買ってみました。

macbook air充電器互換品

ただ、こちらは欠陥があるのでオススメしません。Macとの接続部についているランプが緑とオレンジで点滅するという事象が発生します。詳しくは下の記事で解説しています。

Macbook Air2013充電器の互換品ElecTownの口コミ評判

日本製の互換品を購入する

ElecTownをはじめとして、互換品はほとんどが中国製ですが、探すと日本製のものもあります。

日本製のものであれば不具合の確率が下がるようです。

良さそうなのが、Hyperjuiceのケーブルの先端部分と、ELECOMのアダプタを組み合わせることです。60Wのアダプタとして使えます。

ちなみに、Appleは60Wでも45W対応のMacBook Airなどで使用しても問題ないと公式にアナウンスしているので、45W対応のマシンで利用しても問題ないはずです。

大抵MacBookの充電ケーブルの故障は、白い細い線のビニールの皮膜が破れてくることから始まります。もしHyperjuiceのケーブルが破れてきたら、それだけ買い換えれば安くすむのがいいですね。

ただ、ELECOMの充電器の部分が、純正のものより大きいのがデメリットですね。

結局どうしたか

自分は最初ElecTownの互換品を購入し不具合があったので返品し、Apple正規サービスプロバイダであるヨドバシカメラで9,500円で買いました。

ただ、そのあともっと安く済む、交換修理品やELECOMのことを知ったので、ちょっと後悔しています。

MacBook Air/Pro電源ケーブルを長持ちさせるために

多くの方の故障の原因が、ケーブルの皮膜が破れることから始まっているのではないでしょうか。私の周囲の人もそういう人が多いです。

この皮膜は、時間が経つと劣化して破れやすくなるようです。特に、Macbookに接続する側と、充電器側の両端の2箇所が、引っ張られる力がかかりやすいためか、破れやすいです。

その2箇所をなるべく長持ちさせる方法をご紹介しますね。その方法は。。。

ボールペンのバネで補強するというものです。

要らなくなったボールペンを分解すると、こんなバネついてますよね。

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

外すとこんな感じです。これを二つ準備します。

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

このバネ最初は少し縮こまって小さくなっているので、すこしひろげて緩めます。

そして、両端の2カ所をカバーするように巻きつけます。こんな感じですね。

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

ポイントは、端っこの太くなっている部分と細い部分の両方にまたがるように巻くことです。というのは、太い部分と細い部分の間が一番破れやすいので、そこに負荷がかからなくするためです。

こうすると、この部分が変に曲がったりすることがなくなるので、負担が減り長持ちするようになります。

以前は、シリコンの膜やテープでこの部分をカバーしていたのですが、カバーされてるところとされてないところの境界から破れてくるんですよね。

このバネでカバーする方法だと、境界が一箇所にならないため、こちらのほうが負担は少ないはずです。

持ち運び方も大事です。もともと、プラグ側にある広げると羽のようになる部分にぐるぐる巻きつけられるような作りになっていますが、あれはやめましょう。

新品の時はケーブル部分の表面は少し硬いのですが、あのようにぐるぐる巻きつけていると、しだいに柔らかくなり破れやすくなってしまいます。

じゃぁ、どうやって持ち運ぶの?と疑問になりますが、下のようになるべくゆったりとした大きな円にして巻いて束ねるほうがいいです。

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

そして、カバンに入れる際も、くしゃっと他の荷物につぶされないような位置に配置しましょう。

私は100円ショップでちょうどいいケースを見つけたので、それに入れています。

MacBook air/pro電源ケーブル故障時は修理?交換?

さいごに

Macはハードウェアとしては完璧だと思っていたのですが、充電ケーブルだけが微妙ですよね。

最新版のMacbookならもしかしたら改善されているかもしれませんが、なるべくなら長く使いたいものです。