オールドドメインのサイトをシリウスで作る際にwww有り無しを揃える方法

SIRIUS

オールドドメインを利用したサイトを作成する場合、意識しないといけないので、過去の運営者がドメインにwwwをつけていたかどうかです。それに合わせて自分のサイトにもつけるかどうか決めます。

シリウスでは、wwwの有無を決めたら、どちらかでしかアクセスできないように設定することができます。

正確に言うと、「アクセスできないように」ではなく、「アクセスすると希望のドメインにリダイレクトしてくれる」、ということです。

例えば、wwwなしのhttp://example.comというドメインでアクセスしてほしい場合、この設定をすると、http://www.example.com/aaa.htmlというwww有りでアクセスされた場合、http://example.com/aaa.htmlにリダイレクトしてくれます。

過去のwwwの有無を調べる

まず過去の運営サイトのwww有無を調べます。

中古ドメイン販売屋さんでオールドドメインを買っている場合は、ドメインの詳細ページの下の部分を見るとわかります。

中古ドメイン販売屋さん

中古ドメイン販売屋さんを使っていない場合は、Internet Archiveなどのキャッシュサービスで検索してみて、www有り無しのどちらに過去のサイトが表示されるかで判断してOKです。

シリウスでの設定

2つ設定するところがあります。

まず、「サイト全体設定」の「サイトURL」です。
こちらはリダイレクトの設定ではないですが、内部リンクを作る際に使われます。なので、ここもしっかりwww有無をそろえましょう。

サイト全体設定

次に、「サイトオプション」の「サイトURLのWWW統一」です。
ここが実際のリダイレクトの設定になります。

サイトオプション

まとめ

  • 以前のサイトのwww有無を調べる
  • シリウスで「サイトURL」を設定
  • シリウスで「サイトURLのWWW統一」を設定

いかがでしたでしょうか。
www有無を統一することにより、以前の管理者の方が築いてきたSEO資産をしっかり活用させてもらいましょう。

なお、以前のサイトの時代に、外部から被リンクやSNSでのシェアなど、外部評価を受けているページがある場合は、その資産もしっかり引きついだほうがいいです。

そのやりかたは下の記事でご紹介したので、興味のあるかたはご覧ください。

オールドドメインの外部評価を獲得しているサブページをシリウスで復元する方法

羊毛や小麦