シリウスタグの記事

Search Consoleではインフラストラクチャの更新を実施しました。で被リンク激増

当サイトのGoogle Search Consoleで「サイトへの被リンク」を確認しようとしたら下のようなメッセージが表示されていました。

シリウスで作ったサイト5個さらします|えっ?こんなサイトが一瞬で作れるの?

自分がこれまでシリウスを使って作ってきたサイトをご紹介していきますね。これからシリウスを入手しようか迷っている方、すでに持っているけど他の人のサイトが気になる方の参考になれば幸いです。

シリウスでスマホ対応サイトを作るときの3つの注意点

シリウスユーザーのみなさん、スマホ対応していますか?ジャンルにもよると思いますが、最近は8割の訪問者さんがスマホからアクセスしているというサイトもざらにあります。 なので、シリウスにも当然スマホに対応するための機能があります。(上位版のみ) ただ、少し癖がある機能なので、注意点をご紹介しますね。

オールドドメインのサイトをシリウスで作る際にwww有り無しを揃える方法

オールドドメインを利用したサイトを作成する場合、意識しないといけないので、過去の運営者がドメインにwwwをつけていたかどうかです。それに合わせて自分のサイトにもつけるかどうか決めます。 シリウスでは、wwwの有無を決めたら、どちらかでしかアクセスできないように設定することができます。

シリウスでサイト編集画面からサイト管理画面を一発で開く方法

シリウスでサイトを作成していて、他のサイトを編集したくなったりした場合、あなたはどうしますか?私は今まで一度シリウスを閉じてから、また起動してサイト管理画面を開き、そこから目的のサイトを開いていました。

オールドドメインの外部評価を獲得しているサブページをシリウスで復元する方法

オールドドメインを活用する際に、意識したいのは以前の運営者のときに獲得している被リンクなどの外部評価をうまく活用することです。 トップページの場合は、意識しなくていいのですが、個別ページも被リンクを受けたりして、Googleからの評価が高まっていることがあります。 それらのページのURLが存在しないとGoogleはそのページが獲得していた評価の分、そのドメインの評価を落としてしまうことにつながりかねません。

シリウスで作成したサイトをGoogle Search Consoleに登録する方法

Google Search Consoleを使えばGoogleで検索されたキーワードを特定することができます。 シリウスで作ったサイトもGoogle Search Consoleを使うことができます。

シリウスで作ったサイトをAmazon S3に展開する方法

サイトアフィリエイトをする上で、必須ツールと言えるのがシリウスです。そんなシリウスで作ったサイトを月額10円程度の激安激安ウェブホスティングサービス Amazon S3で使えたら最強です。また、S3はSEO上有利とされるバックリンクサイトのIP分散も簡単に行えます。