Sonet光auひかり解約違約金無くても工事費残債がかかる

So-net 光 (auひかり) を最初の更新月に解約した場合、契約解除料はかからないが、工事費残債というものを支払わなければならなくなる可能性があります。

auひかりホームギガ得プランの場合

auひかりホームギガ得プランだと、契約期間は24カ月で25カ月目が更新月です。更新月に解約した場合はもちろん契約解除料はかかりません。

ですが、回線工事費を分割払いにしている場合(ほとんどの方がそうだと思います)、この時点だと全て払い終わっていないので、残りを払う必要があります。30カ月で払い終えるようになっているからです。

回線工事費は37,500円なのですが、毎月1,250円払っています。なので、最初の更新月に解約した場合、

(30 - 24) × 1,250円 = 7,500円

を更新月分の通常の料金と併せて請求されることになります。

auひかりホームずっとギガ得プランの場合

ずっとギガ得プランの場合は、36カ月単位の契約になるので、最初の更新月になる頃には、工事費を全て払い終わっているので、工事費残債は発生しません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。せっかく更新月に解約したのに、追加でお金を払わなければいけないというのはちょっと残念ですよね。

せめて前もって知っておくことで、ショックを少なくしておきましょう。

ちなみにSo-net 光 (auひかり)からどこに移行するかお悩みではないですか?自分はYahoo BB ADSLにすることで、ネット代を月3,000円安くすることができました。速度も十分です。

それについて体験レポートを買いたので、よろしければ参考にしてみてください。

⇒ヤフーBB ADSLの評判|速度や料金も徹底検証!今更?って言わないで

羊毛や小麦