middlemanでbundle execを無しにする!binstubsが大活躍

middleman

Middlemanでコマンドを実行する時、bundle execをつけるのって、結構面倒臭いですよね。

こんな感じで。

1
$ bundle exec middleman article "great article title"

bundle execをなくす3つの方法

この問題の解決策として、以下の3つがあります。

  1. bundle execをシェルのbashなどのaliasでbeとかにしてしまう
  2. gem install middlemanをしてグローバルにインストールしてしまう
  3. binstubsを使う

1だと、

1
$ be middleman article "great article title"

のようになりタイプ数がかなり短くはなりますが、どうせならbeも無しにしたくなりますよね。

2でもよいのですが、個人的には3のほうがスマートだと思うので、3のやり方をご説明します。

binstubsの使い方

binstubsの使い方は超簡単です。

1
$ bundle binstubs middleman-core --path=./bin

これで、bundle execbeも無しで使えます。

1
$ middleman article "great article title"

ちなみに、bin/middlemanというファイルができますので、これもgitで管理するとcheckoutした先でも有効になっているので便利です。

羊毛や小麦