au版iPhone 5Cのおすすめ売却法|相場価格と注意点も

iPhone 5C売却

auで買ったiPhone 5C余らせていませんか?

私は先日2年間使ったau版のiPhone 5Cを売却しました。それなりに良い価格で売れたので、おすすめの売却方法と注意点をご紹介します。

au版のiPhone 5Cの相場

最初専門の買取業者に買い取ってもらったほうが楽かなと思って下の業者で査定してみました。

iPhone買取のダイワン

条件を入力すると自動的に想定の査定額を出してくれます。

ダイワンの査定結果

安っ!5,000円?

うーん、もっといける気がする。だって、ブックオフとかでこの機種15,000円くらいで売ってますからね。

でも、中古で使用感があって、付属品が箱のみの場合は5,000円だそうです。他の業者に査定してもらってもだいたいこのくらいの相場感のようです。(2016年11月現在)

なので、しかたないのでヤフーオークションで売ってみることにしました。その結果…

8,000円で売ることができました!

iPhone 5C売却

開始の価格を8,000円にしていてお一人が入札してくれたので、そのまま8,000円となりました。

ヤフオクで出品するにはYahoo!プレミアム会員に登録する必要があります。

⇒Yahoo!プレミアム 会員登録

ヤフオクで売る時の注意点とコツ

今まで何度かヤフオクでものを売ったことがあるのですが、いくつかの注意点となるべく高く買ってもらうコツをご紹介します。

初期化をしておく

当然ですが、データを消しておく必要があります。

状態やアピールポイントをなるべく詳細に書く

傷や汚れ

傷や汚れなどのデメリットがある場合はしっかりわかるようにしておいたほうがいいです。買い手も安心できて入札しやすくなります。下の写真はiPhoneの角がへこんでいる部分です。気になる部分は写真にしてあげましょう。

iPhone 5C売却

説明文は下のようにしました。

au版iPhone5C 32G ピンクです。
出品者が2年間使用しました。

正常に動作します。
ホームボタンも正常に動作します。
画面は綺麗です。
背面はよくみればわかる程度の細かい傷は多少あります。
(神経質なかたはご遠慮願います。)

ネットワーク利用制限も○。

iOS 9.3.2です。

付属品はケースのみです。電源やイヤホンなどはありません。

初期化、アクティベーション済みです。
パスワード無し、「iPhoneを探す」オフ、です。

製造番号(IMEI):XXXXXXXXXXXXXXX

ピンクは結構人気で比較的高めに取引されているようですね。

また、マイネオなどのau系格安SIMの登場により、au系iPhone5Cは需要が増えています。
参考までに、以下がマイネオでのau版iPhone 5Cの使用可否の公式見解です。

au版iPhone 5s/5c でmineo使えます!

iOSのバージョンを明記する

iPhoneのOS、iOSのバージョンは一度バージョンアップすると以前のバージョンに戻すことはできない仕組みになっています。意外と古いバージョンのiPhoneを探している人がいたりします。なので、このiOSのバージョンをしっかり明記しておきましょう。

ネットワーク利用制限を調べて明記

auへの料金未払いなどがある場合、au側にネットワーク利用制限というペナルティを受けていることがあります。これを受けていると、格安SIMなどを入れても正常に通信できません。

なので、こちらも事前に調べてあげましょう。下のサイトに製造番号(IMEI)を入力すると調べられます。

auネットワーク利用制限携帯電話機照会

そもそも、ヤフオクのガイドラインによるとこの製造番号(IMEI)は説明欄に書く必要があります。

携帯電話の出品に関するルール

マイネオなどの格安SIMで使えることをアピール

これは必須ではないですが、マイネオなどの格安SIMで使用できることを謳ってあげると購入したい人が増えます。(auのスマホは基本的にマイネオで使えます)

オークションは土日にかかるようにする

やはり多くの人が参加できる土日にかかるようにオークションの期間を設定したほうが高くなりやすいです。

お金のやりとりと発送は意外と楽

数年前のヤフオクは落札されてからが結構面倒でした。取引ナビといわれるメッセージ機能で、住所や口座番号などを送り合い、振込も自分で銀行などからやっていました。

でも最近の仕様変更で、このあたりがずいぶん自動化されています。

お金のやりとり

まず、お金は相手に直接振り込むのではなく、一度ヤフオクに払う形になります。そして、発送が完了し、ものを受け取った段階でヤフオクから出品者に支払われます。

お互いがクレジットカード、口座番号をヤフオクに登録済みなので、このあたりはボタンひとつで実行できるようになりました。

配送

以前のヤフオクは、出品者がいちいち落札者の住所を聞いてから、送料を計算して、合計金額を計算しなおして請求する、という作業がありました。

ですが、今はヤフオク指定の配送方法を指定すると、勝手に送料を計算してくれて、合計金額を請求してくれます。また、ヤフオクとヤマト運輸が連携していて、発送が完了した時点で自動的にヤフオクで相手方に通知してくれます。

今回iPhone 5Cは「宅急便コンパクト」というタイプの発送方法を選択しました。

宅急便コンパクトは縦25cm、横20cm、厚さ5cmの箱なので、なんとかギリギリiPhone5Cの箱がおさまります。(厚さはパンパンになります)

この配送方法は、コンビニから送れて箱はコンビニにあるので、そのままiPhoneをコンビニに持っていけばOKです。ただ、緩衝材としてプチプチ(空気が入ったビニールのやつ)か新聞紙を持っていくといいと思います。ガムテープはコンビニで借りれます。

出品から振り込まれるまで2週間くらいはみておいたほうがいい

自分の場合は、オークション終了後、すぐに発送しましたが、相手方がなかなか受け取りボタンをおしてくれなかったので、お金が自分の口座に振込まれるまで2週間くらいかかりました。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

ヤフオクは面倒くさそうに思われがちですが、他の専門買取業者に売るにしてもデータ初期化や発送の作業は自分でやらなければならないので、そんなに変わらないと思いました。

せっかく正常に動くiPhoneがあるなら、なるべく高く買ってもらって他の人の役にたってもらいたいですよね。

⇒Yahoo!プレミアムに登録してヤフオクに出品する

羊毛や小麦