ドメインやサーバー代をケチるために無料ブログを使うの人の盲点

虫眼鏡の男

アフィリエイトでまだそこまで稼げていない場合、ドメインとサーバー代を払うことに抵抗を覚えますよね。なので無料ブログでまずは始めたくなります。

でも、上級者からは大抵「無料ブログは削除されるリスクがあるからやめといたほうがいいよ。」とアドバイスされますよね。

とはいえ、なかなかドメインとサーバーに投資する気が起きない。

このような心理の原因は大きく二つあると考えています。

  1. 自分の人件費を考慮していない
  2. 記事を書くことを趣味としてやろうとしている
  3. さいごに

自分の人件費を考慮していない

一つ考えていただきたいのは、コストのことを気にするのは大変結構なのですが、なぜドメイン代とサーバー代だけなのか?ということです。

サイトを運営するのにもっとも大きいコストは、人件費です。

えっ?人雇ってないよ。自分で記事書くし。

と思ったあなたに伺いたいのは、「あなたは会社で働いた場合、時給にするといくらもらえますか?」ということです。

仕事にもよりますが2,000円とか3,000円とかはもらっているのではないでしょうか。少なくとも1,000円くらいにはなりますよね。

なので、アフィリエイトの作業をしている時間、会社で働いていたとしたら、それだけのお金をもらえていたことになります。

アフィリエイトをすることによって、そのお金を失っているのです。このような実際に支払ったわけではないけど、他の選択肢をとることにより、もらえるはずのお金をもらわないことを機会費用と経済学では言います。

1記事書くのが30分だとしますよね。だいたいサイトなんて1記事書いただけで収益が出ることはまれなので、数十記事レベルで記事を書きますよね。

50記事書くとしたら、25時間かかることになります。

つまり、時給2,000円の人の場合は、25 × 2,000 = 50,000円 を失っているのと等しいのです。

それに比べて、ドメインなんて1年に500円程度だし、サーバー代も月に200円とかであるので、合わせて一年使っても3,000円程度なんですよね。

なので、ドメイン代とサーバー代のみのコストを気にするのはちょっと視野が狭いのではないかと思います。

むしろ、人件費も含めたトータルのコストと比べて、アフィリエイトが割りに合うかどうかを考えるのであれば、理解できますが。

記事を書くことを趣味としてやろうとしている

上の説明をすると、自分は暇つぶしで趣味でやるから人件費はかかってないんだ、という方もいらっしゃいます。

確かに、楽しんでやることは大切なことです。でも、自分が楽しめることだけ書いていくことはできますが、これはやっていかないとわからないかもしれませんが、収益化をしようとした段階で必ずサービス精神が必要になります。

読者が求めているものを意識して提供する。その対価としてお金がもらえる。

必ずこのようなプロセスを経なければ、収益にはなりません。

そのサービス精神というのは、「相手に与える」ということです。なので、相手の求めているものを知り、どうにかして提供するということになるのです。

この段階になると、もう趣味ではなく立派な仕事なのではないでしょうか。

こうなってくると頭では「趣味」と思っていても、どこかで報酬が欲しいなぁと思ってしまっているはずです。

さいごに

もちろん、無料ブログを絶対に使うべきではない、ということではないですよ。

無料ブログが有効なケースもいくつかあります。例えば、

  • テスト的に少数の記事で需要を確認する
  • バックリンクサイトとして使う

などです。

ただ、長期運用を見据えたサイトで無料ブログを使うのはリスクが大きすぎます。