AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

Ankerのワイレスイヤホン「Zolo Liberty plus」を買ったのでレビューします。

  1. 開封の儀
  2. 初めて音を聴いてみる
  3. ケーブルをほどく作業から解放された!
  4. 意外にも家で使うのが便利
  5. スマホと違う部屋にいても途切れない
  6. 映像との音のずれは感じない
  7. 外部の音を取り込む機能のおかげで安心
  8. 耳元のボタンで曲送り、停止ができる
  9. 電源が切れた時、使えない
  10. 接続が途切れることがある
  11. まとめ
    1. よい点
    2. よくない点

開封の儀

箱がかなり素敵です。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

中身はこんな感じ。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

イヤホンのケースはこんな感じの丸い形です。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

本体をこんな感じでケースに入れると、充電されます。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

もちろんケース自体の充電も必要で、横に充電ケーブルを挿すところがあります。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

キャップを開けると、micro USBの端子があります。今後、スタンダードがUSB Type Cになっていく流れがあるので、ちょっと残念です。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

本体を入れている時や、USBケーブルで充電している時、下のようにケースのランプが光ります。下は2つ光っていますが、充電がマックスになると、3つ光ります。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

イヤホンの本体についているシリコンの部分は交換できるのですが、色々な形のものがあるので、自分の耳の形に合う形にカスタマイズすることができます。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

初めて音を聴いてみる

スマホとの接続は非常に簡単です。iPhoneだと、Bluetoothの設定に表示される「Zolo Liberty+」をタップするだけです。パスコードなども求められないので、他の人のZolo Liberty+に接続しないのかなー、とちょっと心配になります。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

音質は今まで使っていたソニーの有線のイヤホンと変わらないと感じました。

接続すると、下のようなアイコンが表示されます。バッテリー残量は縦になった電池で表示されます。

AnkerワイレスイヤホンZolo Liberty+を辛口レビュー!買って後悔しない?

ケーブルをほどく作業から解放された!

有線のイヤホンだと、ポケットのなかで、ケーブルがこんがらがってしまって、それをほどくのに時間がかかっていました。

電車の中で音楽を聴こうとしていたのに、ほどいているうちに目的の駅に着いてしまう、なんてことも結構ありました。

ですが、ワイヤレスのイヤホンにして、この悩みはなくなりました。

正直、これが一番大きなメリットだと感じます。

意外にも家で使うのが便利

ワイヤレスイヤホンは初めてだったのですが、意外にも家で使うシチュエーションで便利だなぁと感じることが多かったです。

これまで、掃除機をかける時や電動歯ブラシを使う際、音楽やPodcastを聴きたい場合は、スマホをポケットに入れ、有線イヤホンを使っていました。

ですが、ワイヤレスイヤホンだと、スマホは持つ必要がなく、充電したままでも使えます。

スマホと違う部屋にいても途切れない

割とスマホから離れても途切れません。

うちは一軒家ですが、2階でスマホを充電しながら、1階に移動しても普通に聴けました。

ただ、1階のお風呂場に行くと途切れました。壁1枚まではBluetoothが通過してくれるけど、2枚になっちゃうと厳しいのかもしれません。

映像との音のずれは感じない

Youtubeなどの動画を見た際は、有線のイヤホンに比べると、レイテンシー(遅れ)があるのかなぁ、と想像していましたが、全く感じません。

外部の音を取り込む機能のおかげで安心

Zolo Liberty+は外部の音をマイクで拾って、聴こえるようにするモードがあります。

このモードのおかげで、道を歩いている時、ランニングする時、駅の中を移動する時も、外部の音が聴こえるので安全です。

外部の音が全く聞こえず音楽を大音量で聴いていたら結構危ないですからね。

耳元のボタンで曲送り、停止ができる

地味に便利なのが、本体のボタン。

スマホを操作せずに、次の曲を再生したり、停止できます。ただ、音量調整はできないので、スマホを操作する必要があります。

本体のボタンからSiriを呼ぶことができるのですが、説明書にはSiriを呼んで、Siriに音量調整させることができます、みたいに書いているのですが、Siriに「音を小さくしてください」って言っても全く認識してくれません。

しかも、電車の中などで、Siriにブツブツ語りかけたくありません。

なので、音量調整はスマホから行う必要があります。

電源が切れた時、使えない

当たり前なのですが、本体の電源が切れると使えなくなり、一定時間充電する必要があります。

職場で、パソコンで仕事しながら、音楽を聴くことがあり、そうするとかなり長時間使うことになるので、すぐに電池がなくなります。

有線のイヤホンの時は全く感じなかったストレスなので、慣れるのに時間がかかりました。

接続が途切れることがある

だいたいは普通に使えるのですが、時々途切れることがあり、イラっとします。

例えば、駅や街中などで、時々途切れます。

また、家で電子レンジをつけていると、電磁波が影響するのか、途切れます。

そして、アプリを切り替えるタイミングで、途切れることがあります。

例えば、Apple Musicから、Radikoのアプリに切り替えたり、その逆の時などです。

まとめ

よい点

  • ケーブルをほどく作業から解放
  • 掃除機や電動歯ブラシを使う時も手ぶらで聴ける
  • 他の部屋にいても途切れない
  • 外部の音が聞こえるモードのおかげで安全
  • 映像とのズレは感じない
  • 耳元のボタンで曲送りできる

よくない点

  • 電池が切れると使えない
  • 耳元で音量調整できない
  • 駅など人が多いところで時々途切れる
  • アプリを切り替えるタイミングで時々途切れる
  • 電子レンジをつけてると時々途切れる

正直、全く途切れないで使いたい方にはオススメしません。

そういう方は有線のイヤホンを使ってください。

ですが、多少途切れてもいいので、ワイヤレスイヤホンで生活をガラッと変えたい人にとっては非常に満足度が高いものになっていますね。