Amazonアソシエイトのアカウントが閉鎖されてしまった場合の対策

落ち込む男性

あるひAmazonアソシエイトの管理画面を開くと、なんとアカウントが閉鎖されてしまっていることがわかりました。その経緯と対策についてご説明します。

  1. 管理画面を開くと衝撃のメッセージが
  2. あまりにそっけないメールが来ていた
  3. 確認・修正して問い合わせることに
  4. またあまりにそっけないメールが
  5. 他のASPでAmazonの商品をアフィリエイトすることに

管理画面を開くと衝撃のメッセージが

管理画面には以下のように表示されていました。

Amazonアソシエイトのアカウントが閉鎖されてしまった場合の対策

重要なお知らせ
お客さまのアソシエイトアカウントは閉鎖されました。

なんじゃこりゃー!と気が動転しそうになりました。

いくらなんでも突然すぎだろう、と思ったのですが、もしかして事前にメールで警告などがきていたのかな、と思いメールを開いてみました。

あまりにそっけないメールが来ていた

あまり普段は開かないメールボックスなので久しぶりに開くとそれらしいメールが一通きていました。

件名:
「Amazonアソシエイト・プログラム運営規約からの重要なお知らせ」 - XXXXXXX-22

本文:
いつもAmazon アソシエイト・プログラムをご利用いただき、誠にありがとうございます。

貴殿のアソシエイト・アカウントを、貴殿のサイトのトラフィック状況と併せて確認させていただきました。慎重に精査した結果、貴殿のサイトはアソシエイト・プログラムの運営規約の基準に合致していないと判断いたしましたので、貴殿のアソシエイト・アカウントを閉鎖させていただいております。今までの紹介料は予定通りのスケジュールで支払われる予定です。

Amazon.co.jpは、貴サイトから全てのAmazonの画像、特別リンク、宣伝、ウィジェットなど、Amazonコンテンツに関するすべてのコンテンツを削除してください。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約を確認するには下記リンクをご覧ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/agreement

Amazonアソシエイト・プログラムに関心を寄せていただいきましたことをお礼申し上げます。

Amazonアソシエイト・プログラムをご利用いただき、誠にありがとうございました。

Amazon.co.jp カスタマーサービス アソシエイト・プログラムスタッフ

とのことで、警告するメールはきておらず、閉鎖を事後報告でお知らせするこのメールだけが来ていました。

いやぁ、全く警告なしで事後報告だけってひどすぎませんかね。

とはいえ、月々いくらかの収入がなくなるのは痛いので、ダメ元で問い合わせのメールを出すことにしました。

確認・修正して問い合わせることに

最初にもらったメールの以下の部分が気になりました。

貴殿のアソシエイト・アカウントを、貴殿のサイトのトラフィック状況と併せて確認させていただきました。

「トラフィック状況と合わせて」とあるので、もしかしたら登録されていなサイトに広告が貼られてしまったの?という気もしました。

意図してそんなことはしませんが、もしかして、うっかり登録していなサイトに貼ってしまったのかな?という気もしました。

ですが、当方サイトの数が多すぎるので、ちょっと確認するのを諦めました。

また、他に規約違反をしているつもりは全くなかったのですが、とりあえずもう一度規約を確認しました。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

すると、一点、自分のサイトが明確に準じていない項目がありました。

「10.乙がアソシエイトであることの表示」という項目です。ここには、

乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。

と書かれています。つまり、「このサイトはAmazonアソシエイトに参加しています。」というのをサイトのどこかに表示しなければならないということです。

私のサイトは全くそのような表示はしていませんでした。

なので早急に「広告ポリシー」というページを作り、上記の表現を記載しました。

広告ポリシー

そして、以下の問い合わせフォームからメッセージを送りました。

アソシエイトカスタマーサービスに連絡する

内容は次のようにしました。

お世話になります。

当方の不手際により、アカウントの閉鎖となってしまいました。
ご迷惑をおかけし、まことに申し訳ありませんでした。

閉鎖の理由がわからなかったため、利用規約を確認しました。

すると、「10. 乙がアソシエイトであることの表示」をしていないことに気がつきましたので、早急にこの表示をするページを作成しました。

http://webfood.info/ad/

その他にアカウント閉鎖の理由となった規約違反があればご教示いただけないでしょうか。
何卒よろしくお願いいたします。

またあまりにそっけないメールが

翌日、返事が来ました。

件名:
「Amazonアソシエイト・プログラム運営規約からの重要なお知らせ」 - XXXXXXXX-22

本文:
Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

アカウントの停止の決定に関しましては先日お送りした文書に記載の通りです。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約14項の通りで、Amazonは書面(電子メールを含みます。)にて、相手方当事者に対して通知することにより、理由の有無を問わずいつでも本規約を解除することができます。この契約終了は最終的なものであり、再審査の対象とはなりません。

Amazon.co.jpは、貴サイトから全てのAmazonの画像、特別リンク、宣伝、ウィジェットなど、Amazonコンテンツに関するすべてのコンテンツを削除してください。

今後もお忙しい中お時間を割いていただき、当サイトへEメールにてご連絡いただきましてもこれ以上ご案内できる内容がございません。そのため今後、本件に関しましてお問い合わせいただきましても、ご返答はいたしかねますことをご了承下さい。

アソシエイト・プログラムをご利用いただき、ありがとうございました。

Amazon.co.jp カスタマーサービス アソシエイト・プログラムスタッフ

もう諦めることにしました。

違うアカウントを作れば普通に再開できる、などの情報もありましたが、また同じように閉鎖されたら精神的ショックが大きいと思いました。

他のASPでAmazonの商品をアフィリエイトすることに

実は他のASPでもAmazonの商品を紹介してアフィリエイトできます。

もしもアフィリエイトというASPを使うことにしました。

⇒もしもアフィリエイト公式サイト

もしもを選んだ理由は次の記事でご説明します。

⇒AmazonのアフィリエイトができるASPのおすすめ!全然違う!