超格安単価の記事作成の外注化方法!ブログアフィリエイトに効果大!

Macとコーヒー

多くのアフィリエイトを扱うサイトやマニュアルで、「大きく稼ぎたいなら外注化しよう!」とよく言われます。でも、具体的に外注のやり方を解説している人は少ないのではないでしょうか。

自分も最初は、わけもわからずクラウドワークスやランサーズを使ってとにかく外注しまくっていました。

でも、外注も戦略がなければうまくいかないんですよね。

  1. 外注の失敗あるある
    1. テーマがざっくりすぎる
    2. プロライターの単価が高額過ぎた
  2. 最近の記事外注の相場
  3. 良質の記事を外注する二つの方法
    1. 評価の高い優秀なプロフェッショナルなライターに依頼する
    2. 特定の商品を体験している素人ライターに依頼する
  4. 特定の商品を体験している素人ライターの探し方
    1. その商品の感想を聞くタスク形式のアンケートを行う
    2. ジャンルで聞くアンケートもアリ
  5. 記事の依頼方法
  6. 慣れてきたら自分でキーワードから決めてもらう
  7. さいごに

外注の失敗あるある

テーマがざっくりすぎる

とにかく外注しなければ、という焦りから、ざっくりとした依頼を出しまくっていました。

ざっくりジャンルだけ指定しただけで自由に書いてもらったりしても、全く良い記事にならないんですよね。

クソみたいな記事を量産しただけで、ほとんど成果につながりませんでした。

プロライターの単価が高額過ぎた

テーマを絞ったまともな記事を書いて欲しいと思って、評価の高い優秀な方に依頼すると、「当方は文字単価1.5円で作業しておりますので。」なんて言われてしまいます。そんなに高いなら自分で書くよ、と思ってしまいますよね。

そんな感じで1年ほど試行錯誤してきましたが、最近になって格安でアフィリエイトの成果の上がる記事を外注する方法がわかってきたのでご紹介します。

最近の記事外注の相場

お寿司屋さんが、原料、つまりお魚を安く質のよいものを手にいれるために、思考錯誤しているのと同じで、アフィリエイターは良質な記事を安く入手するために思考錯誤するということです。アフィリエイターにとっての原料は記事なのです。

どんな商売でも相場を知らないと原料の調達なんてできませんよね?知らないとぼったくられても文句は言えません。

この業界は基本的に「文字単価」で相場が語られます。つまり、1文字あたりいくらかということです。

個人的には、文字数が多いからといって記事の価値が上がるとは思えないのですが、発注側も受注側も共通言語にしてしまっているので、「文字単価」を使ってご説明します。

実は、相場は少しずつ上がってきています。以前は文字単価0.3円などで記事を書いてくれる人がたくさんいたのですが、最近はなかなかそういう人に出会えません。

クオリティを問わなければその程度の単価で書いてくれる人もいますが、以前よりもGoogleがクソ記事に対して厳しくなっているので、そのような記事を入手する意味がなくなっているという見方もできます。

今でも0.2〜0.3円で外注することが可能といっているサイトがありますが、本当にクソ記事しか手に入らず、成果なんてあがらずにお金をドブに捨てるようなものです。なので、そういうサイトの言うことは無視しましょう。(自分も最初そういうサイトを信頼してお金と時間を無駄にしました。)

クラウドワークスやランサーズが提示している相場は文字単価1円以上です。でも、自分はこれは高いなと思っています。彼らは「ブラック労働だ!」と世の中から批判されているので、なるべく高い単価を普通にしたいと思っているのでしょう。

私がご説明する方法なら、良質な記事を文字単価0.4〜0.5円で入手することができます。

良質の記事を外注する二つの方法

大きく分けて、良い記事を外注に作成してもらう方法は二つあります。

評価の高い優秀なプロフェッショナルなライターに依頼する

当たり前ですが、プロのライターにお願いすれば、どんなに難しいテーマでも高品質な記事を作成してくれます。ただ、彼らはそれで生活を成り立たせている人達なので、単価は跳ね上がります。

3,000文字レベルの記事をお願いすると、8,000円とかかかってもおかしくありません。

なので、資本力がある組織であればいいと思いますが、個人のアフィリエイターにはおすすめしません。

特定の商品を体験している素人ライターに依頼する

アフィリエイトで最も効果的な記事は、実際に商品やサービスを使った人の「体験記事」です。

あまり語られないのですが、アフィリエイトの記事で大切なのは、プロフェッショナルなスキルよりも、実際の「体験」なのです。

アフィリエイトをやられている方ならわかると思うのですが、あなたがプライベートで何かを買ってそれをサクッと紹介した記事の方が、一生懸命商品ページをリライトした記事よりも上位表示されて成約率も高かった、なんてことはありませんか?体験には価値があるのです。

なので、あなたが売りたい商品やサービスを使ったことがある素人ライターを見つけることができれば、安く良質な記事を手にいれることができるのです。もちろん、プロフェッショナルの人の体験であれば間違いなくさらに素晴らしい記事になりますが、単価はやはり高いです。なので、素人の人を探すということです。

私はこの方法で文字単価0.4〜0.5円で良質な記事を量産できています。

また、作業する方にとっても、まったく知らない分野の記事を書けと言われるよりも、自分が体験した商品やサービスであれば、追加で調べたりする必要がないので労力が少なく書けるのです。まさにWinWinの関係です。

私たちが依頼しなければ、その体験は、一人の胸のうちにしまわれて墓場まで持って行かれて価値を発揮することができなかった体験になります。この方法は、そのような体験を掘り起こして価値を与えてあげるとても有意義なものだと思っています。

なので、この方法の手順を詳しく説明しますね。

特定の商品を体験している素人ライターの探し方

例えば、私が扱っている格安SIMのUQmobileを使っている人を探すにはどうすればいいのでしょうか。

ワーカーの検索で「UQmobile」と検索しても多分でてきません。ワーカーさん側ではUQmobileが重要なものだと思ってないので、プロフィールに記載していないですからね。

ではどうすればいいのでしょうか?

その商品の感想を聞くタスク形式のアンケートを行う

クラウドワークスやランサーズは、タスクという発注方法があります。これは、簡単な作業を不特定多数の人に安くやってもらえる方法です。

私の場合は、

【簡単アンケート】UQmobileを使っている人の感想を教えてください!

みたいなタイトルでアンケートのタスクを作ります。

アンケートの内容は、選択式や記述式など、自由に作れます。クラウドワークスもランサーズも作りは同じです。

なので、市場調査も兼ねて、あなたが聞きたいことを質問項目にするといいでしょう。

ただし、記述式の質問は最小限にするべきです。というのは、このタスクは格安の報酬を設定するので、面倒だと思われたら応募が少なくなってしますからです。このアンケートの一番の目的は、UQmobileを実際に使っている人を探すことです。

なので、私の場合は、記述式は、

  • 実際に使って良かったこと
  • 実際に使って悪かったこと

程度にしています。

私がよく設定する質問項目はだいたい以下のような感じです。

  • 性別
  • 年齢
  • 乗り換え前に使っていたキャリア
  • 他に迷った業者
  • UQmobileを選んだ決め手
  • 料金プラン
  • オプション
  • 実際に使って良かったこと
  • 実際に使って悪かったこと

なるべく選択式にしてあげて、作業者の負担を減らしてあげましょう。

タスクの単価は私は1件10円で出します。10件ずつ程度出し、反応を見ながら調整していきます。反応が悪ければ、タイトルにインパクとをつけたり、アンケートの負担を軽くしたりします。

10円なら10件でも100円ですからね。100円で10人みつかると考えると相当コスパはいいのではないでしょうか。

格安SIMなどは使っている人が多いので、10円でもかなりの応募がありますが、ジャンルによっては100円くらい出さないと応募がなかったりします。例えば、エンジニア、医者など、副業としてライティングを行っていないような職種の人は少ない傾向にあります。

ジャンルで聞くアンケートもアリ

先ほどはUQmobileと指定しましたが、格安SIMというジャンルは決まっているけど、まだどの案件を売りたいかは決めていない、という場合もありますよね。

そういう場合は、ジャンルだけ指定したアンケートタスクを作ります。

【簡単アンケート】格安SIMを使っている人の感想を教えてください!

質問項目はだいたい以下のような感じです。

  • 性別
  • 年齢
  • 乗り換え前に使っていたキャリア
  • あなたが利用している格安SIM業者
  • 他に迷った業者
  • その業者を選んだ決め手
  • 料金プラン
  • オプション
  • 実際に使って良かったこと
  • 実際に使って悪かったこと

こうすれば、その人が使っている格安SIMの業者を教えてくれます。アフィリエイトしやすそうな案件であれば、その業者について記事を書いてもらうということができます。

記事の依頼方法

特定の商品を体験している人を見つけたら、実際に記事作成の依頼をしていきます。

クラウドワークスもランサーズも、その人のプロフィールページに行くと、「お仕事の相談をする」といったボタンがあると思います。

そこから、メッセージを送って依頼をします。基本的にタスクに応募してくる方は、「プロ」ではなく初心者の方が多いので、アンケートに答えてくれた人全員に送ってしまって大丈夫です。

依頼の例文としては、こんな感じです。

先日はUQmobileについてのアンケートにて貴重な情報を頂きありがとうございました。 〇〇と申します。

UQmobileについての情報サイトを運営しているのですが、記事執筆のお仕事をお願いすることは可能でしょうか? UQmobileを使うか迷っている人のために、ぜひ貴重な経験をお伝え頂けないでしょうか。

記事になるテーマはいろいろあるのですが、〇〇さまのアンケートによると、

  • UQmobileをアロウズ m02で使った感想
  • UQmobileとY!mobileの比較
  • UQmobileのパケット繰越ってどんなシステム?
  • UQmobile〇〇県で使った感想

などは書きやすいテーマになるかと思います。(それぞれが1記事のテーマです)

報酬は1字あたり0.5円を想定しております。

例えば、1000字書いていただくと、

1000 × 0.5 × 1.08(消費税) = 540円

1500字書いていただくと、

1500 × 0.5 × 1.08(消費税) = 810円

となります。

納期などはなく、ご自身のペースで進めていただけるお仕事です。

継続も可能になります。

いかがでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

ポイントは以下です。

  • あまりいろいろ注文しない
  • 最初なので記事のテーマの案を出してあげる

最初は、記事の書き方の詳細や、記事のキーワードの選び方なども書いていて、この文面の4倍くらいの文章を送りつけて、作業をほぼ丸投げしようとしていたのですが、うまくいきませんでした。

自分には無理、と思って辞退しちゃうんですよね。なので、最初の依頼はなるべく頭を使わせないようなシンプルなものにすべきです。

どこかのサイトには外注するためにマニュアルを作ろう!と主張されていますが、自分はマニュアルは作らない方がいいと思っています。

マニュアルってそれをみれば全てがわかるようになっているので、どうしても量が多くなります。すると、どうしても「こんなの面倒くさそう」と思ってしまうのです。

なので、最初は最低限のお願いだけして、作業をこなしながら少しずつハードルをあげていった方が、良い結果になります。

慣れてきたら自分でキーワードから決めてもらう

最初はこんな感じで、こちらで狙うキーワードを決めて、記事タイトルくらいまで考えてあげます。

ちなみにキーワードはその人のアンケート結果と、GoodKeywordやキーワードプランナーから抽出される検索需要のあるキーワードを突き合わせて決めます。

でも、2〜3記事でも書いてもらった人には、自分で書きやすいキーワードを選んでもらうこともできるようになります。

こちらで事前にGoodKeywordやキーワードプランナーからキーワードの一覧を作ってあげて、そのなかから書きやすいキーワードを選んでもらいます。

ただ、複数のワーカーさんが、同じキーワードで書くと無駄なので、重複が発生しないように管理してあげる必要はあります。

この方法で、10名の方に10記事ずつでも書いてもらえば、100記事のキーワードが分散されて網羅性の高い記事群ができあがります。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

この方法で、私は0.4〜0.5円程度で良質な記事を外注することが可能になりました。

この方法のもう一つのメリットは、WELQ問題にあったような、パクリや嘘の問題がクリアされていることです。あくまで、実際に体験した人の生の言葉を記事にしているからです。

また、ステマも依頼せずに、正直な評価をするように求めます。というのは、最近のGoogleの傾向として、デメリットをしっかり書いた記事が上位表示されやすいし、読者からの信頼も高まり成約率も逆に上がる傾向にあるためです。

つまり、超ホワイトなやりかたで成果をあげられるということです。

ぜひ試して頂ければと思います。