横浜のコワーキングスペースをヘビーユーザーが徹底レビュー

コワーキングスペース

ここ数年で横浜周辺にもコワーキングスペースがたくさんできました。まる3年ほど数々の横浜のコワーキングを渡り歩いてきた私が、利用者視点から一つ一つレビューをしていきます。

なお、特にランキングをつけたり比較をするわけではありません。取り上げる順序は私が利用した回数が多い順です。利用して感じたことと、利用者仲間の口コミを参考に、良い点、良くない点をあげていきます。

取り上げている項目は、個人的に重要だと思うものだけです。料金プランも私が使う可能性のあるもののみ載せているので詳細は各スペースのサイトを見てください。

また、利用した回数によって情報量に差があるのもご了承ください。情報が少ないからといってよくないわけではないですし、「よくない点」に項目が多いのはたくさん利用した表れともいえます。

タネマキ

タネマキ

出典:タネマキサイト

老舗のコワーキングスペースで、日本国内で見てもかなり早いほうで、全国的に知られているスペースです。フリーランスや起業家など独立心あふれる人が多いです。IT系の勉強会や、ボードゲーム部など、イベントが毎日のように行われています。お昼休みに常連さん一見さん含めて外食に行くという文化があり、利用者同士の交流がさかんです。

自治体や大企業などの支援を受けずにやっていて、独立心旺盛な店主の人柄がよく表れています。

基本情報

サイト http://tane-maki.net/
最寄駅 横浜駅
創立 2011年12月
月額 13,000円(24時間プランの場合)
法人登記 不可
主な職種 プログラマー・デザイナー・起業家・ライター
男女比 9 : 1

よい点

  • よく知られているから、いろんなところからいろんな人が来て刺激になる。
  • IT系の人が多く、勉強会も多いので、技術の勉強がしたい人には最適。
  • 「何かしでかす場所」というコンセプトの通り、何かビジネスをやろうという人に優しい。
  • コミュニティがしっかりしていて、フリーランスでも居場所ができた感じが嬉しい。
  • 店主もそこで色々作業をしているので、利用者の気持ちになってくれる。
  • ランチする店の選択肢が多い。
  • 無料ドリンクのマシンがある。
  • 座りごごちがいい椅子がある。
  • 置いてある技術書や漫画が読み放題。
  • 月額メンバーの支払いはPaypalなので楽なのと、退会時は利用を止めた月の分まで払えばよい、という明朗会計。

よくない点

  • スペースが広くないので、窮屈に感じることがある。(特に土日)
  • トイレが小さく、洗面台で歯を磨いたり顔を洗ったりしずらい。
  • 私語禁止ではないので、会話が気になることがある。
  • コミュニティがしっかりしている分、人によっては濃密すぎると感じるかも。

BUKATSUDO

BUKATSUDO

出典:BUKATSUDOサイト

2014年、ドックヤードガーデンの地下にめちゃくちゃ広くてオシャレなスペースができました。一流のデザイナーによる内装や家具を見るに、明らかに他のスペースとはレベルの違う大人の資本力が投入されたものと思われ、横浜のコワーキング関係者の間に激震が走ったのではないでしょうか。

とはいえ、コワーキングスペースは「ワークラウンジ」のみで、ホールや部室やキッチンなどのスペースは別サービスととらえた方が正しいです。(それでも十分広いです。)

リビタというシェアハウスなどのリノベーションをしている会社が運営しているため、不動産業の手法が遺憾なく発揮されているのが感じられます。

基本情報

サイト http://bukatsu-do.jp/
最寄駅 桜木町駅/みなとみらい駅
創立 2014年10月
月額 9,000円(平日7〜18時プランの場合)
法人登記 不可
主な職種 デザイナー・不動産・建築関係・プログラマー・投資家
男女比 6 : 4

よい点

  • 内装や家具がきれいで居て気分がいい。
  • とても広々している。
  • トイレが広くてきれいで、扉を開かなくてもいけるし、ハンドドライヤーもある。
  • 周囲も海が近くみなとみらいというおしゃれな場所なので、散歩をすると気分がいい。
  • プロのバリスタが作るコーヒーがめちゃくちゃおいしい。
  • 奥のほうに個別ブース席があり集中できる。
  • 会話できるスペースが分かれているため、私語に気を取られない。
  • 時々「コーヒーブレーク」といってコーヒーを無料で振舞ってくれて、利用者同士で交流する時間がある。
  • 時々テレビや雑誌などの取材があり、インタビューされるチャンスがあったりする。
  • 餃子部やレコード部など気軽に参加できる部活がある。

よくない点

  • コーヒーはおいしいけど値段が高く安い飲み物は売っていないので、お金のない人は外に買いに行く必要がある。
  • 家具はおしゃれだけど、仕事を長時間やるような椅子ではない。
  • スタッフは多いけどコワーキングで作業しているわけではないので、利用者とは距離がありやや仕事感がある。
  • 観光地であるため周囲で食事する場合は高くつく。
  • 広報に力をいれてるらしく何かイベントをやるとメディアの取材がよく来るが、メディアのためのイベントなのか、利用者のためのイベントなのかよくわからなくなる。
  • コワーキングスペース利用者よりも、キッチンやホール利用者のほうが主役な感じ。
  • 入会に色んな書類を書く必要があり、料金は銀行引き落とし。(不動産屋っぽい)
  • 入会金10,000円がかかるのと、退会を申し出た翌月まで料金がかかってしまう。(不動産屋っぽい)

ビートルビル

ビートルビル

出典:ビートルビルサイト

2015年横浜駅からダイアモンド地下街を抜けたところにあるビルに新たなコワーキングスペースができました。横浜駅からの距離で言えば、最も近いコワーキングスペースなのではないでしょうか。また、鶴屋町というラーメン激戦区にあり、ラーメン好きにはたまらない場所です。

基本情報

サイト http://beatlebil.com
最寄駅 横浜駅
創立 2015年8月
月額 ¥8,640
法人登記
主な職種 マスメディア関係・エンジニア
男女比 5 : 5

よい点

  • 月額料金が激安。
  • 法人登記が可能。
  • メディア関係の人が多く、業界の裏側の話が聞けて面白い。
  • 色々と融通を聞かせてくれる。スタンディングデスクの話をしていたら翌日用意してくれていた。
  • 公的な補助金のセミナーが時々あり、補助金受給のチャンスが広がった。
  • リーズナブルなランチのお店が周囲に多い。
  • まだそこまで人が多くないので静かで集中できる。
  • ウォーターサーバーがある。時々無料で飲める缶ジュースが置いてある。
  • よくお菓子をくれる。

よくない点

  • トイレに行くまでに扉を3つ開く必要がある。

マスマス

マスマス

出典:マスマスサイト

こちらも老舗で、ドロップインで何度かと勉強会やイベントではたくさん利用させてもらっています。社会起業や地域活性などの領域で頑張っている方が多い印象です。また、エンジニアやデザイナーだけでなく、会計士や社労士などの士業の方も多く、創業するにはバランスのよい職種構成になっています。定期的にプログラミングの勉強会も行われています。

基本情報

サイト http://massmass.jp
最寄駅 関内駅/馬車道駅
創立 2014年10月
月額 ¥16,200
法人登記
主な職種 起業家・エンジニア・デザイナー・プランナー
NPO・まちづくり組織・公認会計士・社労士
男女比 6 : 4

よい点

  • 社会起業や地域活性のビジネスに関して応援してくれる。
  • 会計士の方がいるので、仲良くなると借り入れや出資などの相談もできる。
  • ミーティングルームが気軽に使える。
  • 多様な職種の人がいる。

よくない点

  • 入会時に登録料と保証金あわせて20,800円かかる。

さいごに

いかがでしたでしょうか。コワーキングスペースは良くも悪くも、オーナーの人柄が出るので面白いです。
コミュニティ作りの面では、私がやっているWEBビジネスにも通じるので勉強になります。
多様な人との出会う機会、会社の同僚とは違うゆるい横のつながりに、時に助けられ、時に勉強になります。
今後この横浜のコワーキングスペースでどのようなコミュニティが産まれ、どのようなことが起きるのが非常に楽しみです。
是非いろんなスペースに足を運んで、雰囲気の違いなど楽しんでみてください。

羊毛や小麦