アフィリエイト

GRCは即捨てろ!SERPOSCOPEの評判と使い方!使えないなんて嘘!

GRCの使いづらさにうんざりしてきたので、SERPOSCOPEに乗り換えました。使い方と使ってみた感想をお伝えします。

GRCの起動が面倒で半年以上順位チェックしなかった

GRCでチェックするには基本的にパソコンを起動する必要があります。キーワード数が多くなると数時間それにかかり、その間パソコンをシャットダウンできません。

パソコンを起動したくない日だってありますよね。GRCのためにパソコンを起動するなんて、なんだかコンピューターの奴隷になった気分になります。本来は人間が主人でコンピューターが奴隷であるべきです。

さらに、GRCはWindows専用です。以下で書いたように私はMacを使っているので、Prallels Desktopという特殊なソフトを使ってMac上にWindowsを起動しGRCを動かさなくてはいけません。非常に面倒くさいです。また、GRCだけのために Windowsを動かしているので、チェック中はとても負荷が大きくなり、Macのファンがうるさくなります。

BootcampとParallels Desktop 11とVMware Fusion 8を実際に使用して徹底比較MacでWindows対応のアプリケーションを使う場合、大きく分けて方法が二つあります。 BootcampでWindowsを使...

そういう気持ちだったので、しだいにGRCでチェックの起動をするのをサボるようになり、半年以上も経ってしまいました。

GRCの料金はえげつない

私は100以上のURLで1000以上のキーワードをチェックしていたので、GRCの「エキスパート」というプランになり、月に1,485円になります。私の携帯代くらいかかってるんですよね。

GRCはチームで共有できない

高い金額を払ってもGRCは基本的に一人しか見ることができません。手元のパソコンにインストールするソフトだからです。

私はサイト運営の仕事をチーム化しようとしています。検索順位についてもチームで管理できた方が良いに決まっています。

もちろんサーバー側のWindowsにGRCをインストールすれば、チームでリモートから使うことができるかもしれません。でもちょっと調べた感じだとWindowsが手軽に使えるサーバー業者って無いし、あっても料金が高いです。

オープンソースのSEPORSCOPEに惹かれる

移行先を考えていましたが、一度知人から噂を聞いていたSERPOSCOPを思い出しました。たしかサーバーで動くオープンソースのソフトウェアです。ということは基本的には無料で使えます。パソコン上で使えば無料で使えますし、サーバーで使っても月数百円で使えそうです。そして、URLもキーワードも数に上限がありません。

RankTrackerなどMacで使える有料ソフトもありましたが、サーバーで動き基本は無料のSERPOSCOPEの方が魅力的だと感じました。

スポンサーリンク

YahooもBingも要らんだろ

しかし、SERPOSCOPEはGoogleにしか対応していません。GRCではGoogleに加えて、YahooとBingの検索結果もチェックします。

しかし、実際の運用ではGoogleだけでいいなと考えていました。

YahooはGoogleのアルゴリズムを採用しているのでほぼ同じだし、Bingは検索市場でのシェアがわずかなのでほとんどアクセスは無いので無視して問題ありません。

そもそも指標というものは少なくてシンプルな方がわかりやすくてモチベーションが上がります。なのでGoogleだけで十分です。

GRCの囲い込み作戦にうんざり

GRCからの移行を考え始めて、これまでのデータはSERPOSCOPEに全て移行できるのだろうかと考えました。

GRCに蓄積した全データを1ファイルに出力する機能があります。そのファイルを「引越しデータファイル」と呼びます。パソコンを買い換える際のために使うためのもののようです。全データを出力する機能はこれしかありません。このデータを出力してみたところ、拡張しが「.dat」というものでした。テキストエディターなどで開くことはできません。

CSVやXMLなどの形式であれば、エディターで開いて、なんとかSERPOSCOPEのデータ形式に変換することも可能でしょう。

しかし、この「引っ越しデータファイル」はまるで他のツールへの移行を邪魔するかのようにdatを採用しています。蓄積されるデータが多くなればなるほど移行が大変になります。

これは囲い込みと思われてもしかたないと思います。普段から「読者のために」と思ってこのブログを運営している私は、「ユーザのために」とは逆行しているGRCの姿勢に違和感を感じ、SERPOSCOPEへの移行の意志を強くしました。最悪、今までのデータはなくなってもいいやと考えました。

共用サーバーではなくVPSが必要と気づく

WordPressなどが使えるロリポップなどの共用サーバーでSERPOSCOPEが使えうるのかなと思っていました。そうすると月に330円とかで使えます。私の場合、以下で書いたようにすでにロリポップを使っていたので、そこに相乗りすれば無料で使えるということです。

ムームードメインで取得した独自ドメインをロリポップで使う方法ムームードメインでドメインを取得した独自ドメインをロリッポップに設定する手順をご説明します。なお、本手順は日本語ドメインにも使える手順と...

しかし、SERPOSCOPEはPHPではなくJavaで動いていることがわかりました。ということはJavaが動く共用サーバーを探さなければいけません。すると、1stRentalServerというサービスをみつけましたが、料金は月775円からとそこまで安くありません。

そうなるとOSから自由にソフトウェアをインストールできるVPSが必要ということになります。

WordPressを運用しているVPSに相乗りはリスクかも

VPSといえば、当サイトもWordPressを利用し、Conoha VPSというVPSで運用しています。そのVPSにJavaをインストールすれば追加料金ゼロでSERPOSCOPEを使えるじゃん。

しかし、よく考えるとこのアイディアには2つのリスクがあることに気づきました。Conoha VPSではWordPress専用のイメージを使っていて、私がゼロから設定したわけではありません。なので、JavaをインストールしてSERPOSCOPEの設定をした場合、どのようなことがあるかわかりません。サイトが落ちてしまったら大変です。

もう1つのリスクとしては、仮に適切にSERPOSCOPEを設定できて運用できたとしても、Googleからペナルティを受けた場合、サイトの評価に影響する可能性がゼロではない、ということです。 SERPOSCOPEは順位チェクのためにGoogleに対して毎日大量のアクセスを不自然なほどすることになります。すると、IPアドレスをブラックリストに入れられる可能性はあります。WordPressもそのIPアドレスなのですから、サイトのGoogleからの評価に影響しないとは言い切れません。

したがって、SERPOSCOPE専用のVPSが必要になります。専用のVPSに載せておけば、もしブラックリストに入れられれば、また新しいVPSを作ればいいのです。

シンプルで最安値のWebArena IndigoでVPS起動

既に利用経験があるConoha VPSで、新しいVPSを立ち上げてもいいのですが、もっと安いVPSはないかと探しました。サイトを運営するわけではないのでスペックは低くても構いません。なので、とにかく安いのを探しました。Conoha VPSは一番安いタイプで月682円です。

すると、WebArena Indigoが月349円ということがわかりました。

Conoha VPSはWordPressが簡単に設定できたり、複数ドメインを1つのVPSで簡単に運用できたりと色々と気が利いているのに対して、IndigoはOSをインストールしてくれるだけです。その分安いのだと思います。

そもそもConohaにもJavaがセットアップされたイメージは無いので、やることはIndigoの場合と同じです。なので安いIndigoを選ばない手はありません。こうしてWebArena Indigoを使うことに決定しました。

ここからは以下の記事にある手順でWebArena IndigoでVPSを起動した前提で、SERPOSCOPEを設定して使用する手順をご説明します。

WebArena Indigoの評判!激安だけど停止中も課金はズルいWebArena Indigoを使ってみました。ネット上に口コミが少なかったので、体験レビューをお伝えします。 検索順位チェック用のサ...

スポンサーリンク

ターミナルからSSHでログイン

Macならターミナル.app、WindowsならTeraTermなどのコンソールからVPSにsshでアクセスして設定作業を行います。Indigoの管理画面からダウンロードした秘密鍵があるディレクトリに移動し、以下のようにしてsshでアクセスします。-iで秘密鍵を指定します。「**.**.**.**」は先ほどメモしたIPアドレスです。


この時、以下のようなエラーが発生し、ログインできない場合があります。


秘密鍵のパーミッションが広すぎるということです。なので以下のコマンドで制限します。


この後に、もう一度sshするコマンドを実行すればログインできるはずです。

ルート権限になります。


デフォルトだとタイムゾーンが日本になっていない場合があるので以下をします。


これをしないと、SERPOSCOPEで記録されるlogなどの時刻が日本のものではなくなりわかりづらくなってしまいます。

Nginxのインストールと設定

Nginxをインストールします。


ベーシック認証を利用するために、以下をインストールします。


ベーシック認証のためのファイルを作成します。

webfoodのところにはあなたが設定したいユーザ名に置き換えてください。password:の後には、あなたが設定したいパスワードを入力して下さい。


Nginxの設定ファイルを編集します。


server{}というセクションを以下に置き換えます。

2行目はSERPOSCOPEの画面からファイルをアップロードできるようにするために設定しています。バックアップなどのファイルをリストアする際にアップロードできるようにするためにファイルの最大サイズを100MBに設定しています。デフォルトでは1MBなので、それを超えるファイルをアップロードしようとすると「413 Request Entity Too Large」というエラーが発生してしまいます。

12、13行目でベーシック認証の設定をしています。SERPOSCOPE自体にログイン機能があるので不要といえば不要ですが、SERPOSCOPEのログイン画面すら人に見られたくなかったり、セキュリティをさらに高めるために設定しています。一度ログインすれば基本的に再度認証を求められることはなくわずらわしくないので、設定しておいて損は無いです。

15、16行目でポート番号7134へリダイレクトしています。通常SERPOSCOPEは「http://**.**.**.**:7134」というようにURLの最後に7134というポート番号をつけてアクセスする必要があるのですが、この設定のおかげでシンプルに「http://**.**.**.**」でアクセスできるようになります。

設定を反映するためにNginxを再起動します。


サーバーを再起動しても自動的にNginxを起動するために以下をします。

SELinuxの設定を変更

SELinuxというOS付属のセキュリティシステムが動いています。デフォルトのままだと先ほど設定したNginxのポート番号7134へのリダイレクトが機能しません。なので、以下を設定します。

Javaのインストール

以下でJavaをインストールします。


確認します。

SERPOSCOPEの配置と起動

配置するディレクトリを作ります。


以下のようにしてSERPOSCOPEのファイルを取得します。


上記のURLには執筆時点でのバージョン番号が含まれています。このURLは公式ページで以下のようにして取得できます。

SERPOSCOPEを起動します。nohupと&をつけることでターミナル終了後も動き続けます。

スポンサーリンク

WEBブラウザからアクセス

WEBブラウザから「http://**.**.**.**」というURLにアクセスします。「**.**.**.**」はインスタンスのIPアドレスに置き換えます。

すると以下のようなベーシック認証のプロンプトが表示されるので、先ほど設定したユーザ名とパスワードを入力してログインします。

これでSERPOSCOPEの登録画面が表示されます。メールアドレスとパスワードを登録してください。

ログイン画面が表示されるので、今登録したメールアドレスとパスワードでログインします。全て英語の画面になります。

GRCとは違う!「GROUP」という概念

さっそくチェック対象のサイトやキーワードを登録していきます。まず「GROUPS」というメニューを押します。

新しいGROUPを作ります。

GROUPという概念がGRCから移行した方にとっては少しわかりづらいかもしれません。

GRCの「グループ」はあくまで表示だけの問題です。項目をまとめて表示してくれます。各項目は複数のグループに所属できるので、タグ的な使い方ができます。

これに対して、SERPOSCOPEのGROUPは、キーワードとサイトのセットです。あるキーワード群に対して、複数のサイトを順位チェックします。同じキーワード群でチェックしたい複数のサイトがあれば、一つのグループにそれらのサイトを所属させます。すると、一度の処理でそれら複数のサイトの順位を確認することができます。

GRCだと同じキーワードで複数のサイトをチェックしたい場合、それぞれのサイトごとに処理が走ってしまいます。なので、SERPOSCOPEでうまくGROUPを設定すれば、GRCよりも処理が少なくチェックできるということです。

とはいえ、現実的には、同じキーワード群で複数のサイトをチェックしたいケースは少ないと思います。例えば、「脱毛サロン比較サイトA」、「脱毛サロン比較サイトB」のように、ニッチなジャンルで複数のサイトを運営している場合はそのケースにあてはまるでしょう。とはいえ、昨今はそういうゴリゴリのアフィリエイトサイトは少なくなっていると思います。

なので、グループ一つに対して、サイト一つを所属させるという運用になると思います。したがって、私は以下のようにグループ名はサイト名(ドメイン名)にしてしまいます。

次にそのグループにサイトを登録します。

NAMEとPatternにもドメイン名でOKです。

キーワードは一括登録できるけどちょっとトリッキー

サイトを登録したら、キーワードの登録をします。

「New Search」の画面で、Keywordを入力したら、Countryには「JP-Japan」、Deviceには「Mobile」を選択してSaveします。基本的に昨今はスマホからのアクセスが主流になっているのでMobileだけチェックすればいいでしょう。これまでの経験上、スマホからの検索順位もパソコンからの検索順位もそこまで変わらないので、どちらでも良いと言えば良いです。両方調べたい場合は、それぞれの分登録します。とはいえ、全キーワードを両方チェックしていたら処理が多くなってしまうので、Mobileだけで十分です。

他の項目は特に何も設定しなくて大丈夫です。

ちなみに、設定画面でCountryのデフォルト値を変えられます。「JP-Japan」にしておくと楽です。ADMINからGOOGLEをクリックします。

少しスクロールすると、デフォルト値を設定できるフォームがあります。Deviceもあるので設定できるのかと思ったのですが、なぜかここでMobileにしても反映されませんでした。多分バグでしょう。

キーワードは複数を一括登録することもできます。先ほどの「New Search」の画面で、「Bulk Import」を押します。

すると複数行入力できるフォームが現れるので、1行に1キーワードを入力します。ただ、Countryをはじめとする他の項目も入力する必要があり、カンマ区切りで入力する必要があります。

keyword,country-code,datacenter,device,local,custom

という順番です。必要なのは、keyword、country-code、deviceです。なので、例えば、「エッセンシャル思考 書評」というキーワードなら、

エッセンシャル思考 書評,JP,,mobile,,

と入力します。残念ながらデフォルト値にJPと設定していても、ここでは指定する必要があります。これを1行に1キーワード分を入力します。例えば4つのキーワードなら以下のように入力します。

エッセンシャル思考 書評,JP,,mobile,,
エッセンシャル思考 要約,JP,,mobile,,
エッセンシャル思考 感想,JP,,mobile,,
ヨメレバ 使い方,JP,,mobile,,

キーワードが数十個など多くなってくると、1行1行を手作業で作ると大変です。なので、正規表現が使えるエディターなどを使って、キーワードだけの一覧に、残りの文字列を一括で付与するといいでしょう。例えば、上記は元々は以下のキーワードだけの一覧でした。

エッセンシャル思考 書評
エッセンシャル思考 要約
エッセンシャル思考 感想
ヨメレバ 使い方

私はAtomというエディターを使っています。正規表現を有効にして置換します。置換対象として以下を指定します。これは改行コードを表す正規表現です。

\n

置換後の文字列を以下とします。改行コードの前に、他の項目を示すカンマ区切りの文字列を指定しています。

,JP,,mobile,,\n

これで一括置換すると、一瞬で先ほどの形式になります。この辺りは人それぞれ楽な方法があると思いますので、一例としてやり方を説明しました。

キーワードが登録できたら、さっそく順位チェックの処理を走らせます。

メーターが表示されるので、100%になったら完了です。

初回でたまたまチェック処理が成功することもあります。しかし、このままだと、多くの場合はエラーが発生すると思ってください。エラーへの対策は後述します。

チェック処理のスピードは厳密に比べてはいないのですが、GRCと比べて遅いということはないです。私の場合、初期設定のままで954キーワードで64分かかっています。ざっくり1000キーワードで1時間ということです。

順位を確認するには、サイトごとの画面まで行く必要があります。まずGROUPSを押します。

グループ名を押します。

サイト名を押します。

すると順位が表示されます。

毎日特定の時間に自動的に一括チェックできる

SERPOSCOPEはわざわざ手動でチェック処理を起動しなくても、毎日特定の時間に自動的にチェック処理をしてくれるように設定できます。GRCでもできましたが、SERPOSCOPEはサーバー側にあるので、パソコンを開いていなくてもチェックしてくれます。

ADMINからGENERALを開きます。

Cron Timeに、毎日自動的にチェックしてほしい時間を入力してSaveします。私の場合は、朝方の私が作業していない時間に走らせるようにしています。5時丁度などはGoogleさんに怪しまれそうなので、少し中途半端な時間にしています。

絶対に起こるチェック処理でのエラー

チェック処理を走らせると間違いなくエラーが発生すると思ってください。以下のように「Failure」と表示されます。Logsを押すとエラーの内容を確認できます。

ログのエラーの周辺部分を切り出しました。


5行目の「ERROR_CAPTCHA_NO_SOLVER」というのがエラーの種類を表しています。結論からいうと、このエラーは解決可能です。

スポンサーリンク

ANTI CAPTCHAでこのエラーは解消

ERROR_CAPTCHA_NO_SOLVERというエラーについて説明します。最近のWebサービスでは、人間とSERPOSCOPEのようなボットを区別するためにCAPTCHAという仕組みがあります。これは手書きの文字の画像を読ませて入力させたり、特定の種類の写真を選ばせたりします。人間と判断できれば、正常に使用させてくれますが、ボットだと判断されればエラーを表示しそれ以上の利用を拒否します。Googleも怪しいアクセスには、検索結果を返さずCAPTCHAを表示します。AIなどの技術を使ってもボットはこれをクリアできません。

しかし、最近ではこのCAPTCHAを乗り越える仕組みが出来てきています。どのような仕組みかというと、AIではなく「人間」を使います。ボットに対してCAPTCHAが表示された時に、即座に世界中に待機している人間の誰かに自動的に割り振ります。その人がそのCAPTCHAを解きます。すると、WEBサービスはそのボットを人間とみなしてくれます。

おそらく、そのCAPTCHAを解いてくれる人は、発展途上国に住む方々だと思われます。解くごとにわずかばかりのお金が彼らに支払われます。先進国に住む人にとっては少額でも、物価の安い発展途上国の人にとってみれば良い仕事になっているのでしょう。なので、そのような仕組みを使うボットを運営する側の人がお金を払うことになります。とはいえ、あとで説明しますが、SERPOSCOPEの場合、非常に少額で無視レベルできるのコストです。

そのようなCAPTCHAを乗り越える仕組みの一つがANTI CAPTCHAというサービスです。日本人スタッフがいないのか、日本語が少しおかしい部分がありますが、それはご愛嬌(笑)

このサービスでアカウントを作って入金します。

メールアドレスに送られてきたパスワードを使ってログインします。ログインすると利用規約が表示されます。

入金します。前払いである程度のデポジットをしておき、CAPTCHAを解決してもらうごとにそこから引かれるという仕組みです。

様々な支払い手段がありますが、私の場合はVISAで行いました。

この支払い方法の選択の意味がよくわからなかったのですが、とりあえず「クレジットまたはデビットカードでのお支払い」を選択しました。

最少額の5ドルを選択します。

カード情報を入力します。

ちなみにKyashなどのプリペイド型のカード情報だとうまくいかないようです。通常のクレジットカードの情報を入力します。

一人一人に割り振られる、アカウントキーをコピーします。

これをSERPOSCOPE側の設定画面で入力します。どこに入力するかというと、ADMINからGENERALを開きます。

少しスクロールすると、ANTI CAPTCHA用の入力欄があります。ここに先ほどのキーを入力し、「Test credentials」を押して問題なければSaveします。これでERROR_CAPTCHA_NO_SOLVERは発生しなくなります。

ちなみに、同様の他のサービス用の入力欄もあります。複数のサービスを設定しておくと、一つのサービスで解決してくれる人がすぐに応募してくれない場合、他のサービスに切り替わり、解決できないという可能性をさらに下げることができます。とはいえ、私の場合はANTI CAPTCHAだけでも問題は発生していません。

ANTI CAPTCHAにどのくらいコストがかかるのか気になると思いますが、思った以上に少ないです。ANTI CAPTCHAの管理画面で、利用実績を確認できます。

なんと1日1回〜3回程度しか利用されておらず、金額にすると0.002〜0.006ドルしか使われていません。私はこの時点で954キーワードありますが、キーワードごとにCAPTCHAが発生するわけではなく、1日に1回〜3回程度発生してそれを解決すれば他のキーワードでは発生していないということです。

1週間使いましたが0.02ドルしか使われていません。なので、1ヶ月使っても0.08ドルということです。大体9円程度です。

つまり、954キーワードでも1月9円ということです。なので無視できるレベルのコストと言っていいでしょう。

おそらく、キーワードの数に比例してコストが増えるわけではないです。基本的に何キーワードあっても一括処理は1日1回です。そのたびに1〜3回程度CAPTCHAが発生するだけだからです。

CAPTCHAの問題はGRCでも発生しているはずです。GRCでも裏ではこういうサービスを使って対処しているのでしょう。

ERROR_NETWORKはやっかいかも

実は最初に作ったWebArena Indigoで最初に作ったVPSでチェック処理を走らせた際に、Failureとなりました。その時のログからエラー周辺を切り出したものです。


10行目に「ERROR_NETWORK」とあります。ネットで調べると、設定画面で変更できるGoogleへのアクセスの間隔(Pause)です。キーワードごとにGoogleへアクセスしますが、その間隔の時間を長くとることでこのエラーはなくなる、という情報がありました。

最初に何キーワードかは成功していて、途中でこのエラーが発生している場合は、もしかしたらPauseの値を調整することでエラーが発生しなくなるかもしれません。

しかし、私の場合は、1キーワード目でこのエラーが発生します。何回処理をやり直しても1キーワード目で発生します。なので、Pauseは関係ありません。

数時間試行錯誤した末、よくわからなかったので、IndigoでVPSをゼロから作成しなおして、再度SERPOSCOPEをセットアップして処理を実行したら、なぜかこのエラーは発生しなくなりました。

もしかしたら、何らかの理由で一度Googleにボット認定されたらIPアドレスがブラックリストに載ってしまうのかもしれません。なのでVPSを作り直してIPアドレスが変わった途端、エラーが無くなったのかもしれません。

VPSは簡単に作り直せて手軽にIPアドレスを変えられるので、SERPOSCOPEと相性がいいですね。

Googleの仕様変更で処理が落ちてもすぐに対応

ある日数日ぶりにSERPOSCOPEにブラウザからアクセスしてみると、Failureという赤文字が表示されました。Tasksの画面を開くと、6日前からタスクが落ちていることがわかりました。

ログを開いてみると、


5、6行目のようなメッセージが出て、「can't find captcha img tag」となっていました。19行目で「ERROR_NETWORK」となり処理が終了していました。

とりあえず、他の人も同じような事象を経験していないかフォーラムを調べてみました。

SERP Hacker support forum

すると、以下のように全く同じ事象を報告するスレッドがあり、読んで行くと開発側がすぐに対応して最新版で修正すると書いてありました。

Problems with solving captchas

おそらくGoogle側でなんらかの変更があったと思われます。なので、一斉にみなさんエラーが出てここで報告されて、開発側が対処したということです。

この辺りは対応が早いですね。

SERPOSCOPEの画面をよくみると、上のほうにいつもは無い「NEW VERSION!」という文字が表示されていました。

おそらく最新版にUPGRADEすれば直るだろうと考えました。

ただ、6日間気がつかなかったので、処理が落ちたらメールなどで通知してくれる仕組みがあればもっと早く気付くのになと思います。まぁ、ログを解析して落ちてたらメール通知するシェルスクリプトを自分で書いてCronに登録しておけば、同じことができそうですが。

最新版へのUPGRADE方法

公式ドキュメントにUPGRADE方法はサラッとしか書いてありません。

How to upgrade serposcope ?

Before any upgarde, backup your database using the backup feature of the admin panel or by copying the data directory (see below).

Then just install over previous serposcope install.

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS」より

データのバックアップをとって、前バージョンに新バージョンを上書けと書いてあります。

データのバックアップはとってもいいのですが、明確にデータのディレクトリが決まっているので、UPGRADEの作業で壊れることはないと思うので、特にとりませんでした。

心配であれば、設定画面の「SAVE」でSQLダンプのファイルをダウンロードしておいてもいいかもしれません。

VPSにターミナルからSSHでログインしてUPGRADEの作業をします。


以下のようにしてSERPOSCOPEの最新のファイルを取得します。指定するURLは前述したインストール時と同じように、公式ページから取得できます。この処理は数分かかります。


現在動いているプロセスの番号を調べて、落とします。


この段階でブラウザでアクセスしてみると、Nginxの404エラーが出て落ちていることがわかります。

新しい方のファイル名を指定して起動します。


ここで古い方のファイルは削除しても大丈夫ですが、念のため何かあった時に切り戻すために次のUPGRADE時まで残しておいてもいいかもしれません。

これでブラウザからアクセスするとSERPOSCOPEのログイン画面が出るので、ログインするとバージョン番号が最新になっていることが確認できます。

GRCでもおそらく同じようにUPGRADEしなければならない機会はあるはずですが、GRCはクリック1つでUPGRADEできるのであまり意識することはありませんでした。その点SERPOSCOPのUPGRADE作業は少し手数が多いですね。

UPGRADEが完了したので、手動でチェック処理を走らせると問題なく完了しました。

データ量が多くなりそう

少し運用していて気づいたのですが、キーワード一つ一つについて、自分のサイト以外のURLも表示してくれます。ということは、これらのURLも全て毎回保存しているというこです。GRCはこのような機能はデフォルトでは無かったと思います。なので、SERPOSCOPEではデータ量が多くなることが少し心配です。

気になったので、SERPOSCOPEのデータが保存されるdb.mv.dbというファイルを調べてみたところ、約340MBになっていました。

約1,000キーワードで1か月使った状態です。ということは1年使うと4GB程度になります。私のVPSは20GBの容量ですが、現在使用可能なのが17GBなので4年程度使えることになります。まぁ、4年使えればいいかなと思いますが、GRCでは容量について意識もしなかったので、少しストレスかもしれません。

設定画面で「History limit」という項目があり、データを何日残すかを決められます。ここでVPSの容量を超えない日数にすればいいと思います。デフォルトは365日になっていてちょっと短いので、伸ばしてもいいかもしれません。

個人的には人のサイトのURLまでは保存しなくてよくて、順位だけ保存してくれれば十分なのになぁと思います。このあたりは変えて欲しいですね。

あと、自動チェックは毎日動く仕様になっているのですが、1週間に1回とかでも良いしその方がデータ量を抑えられると思います。頻度を設定で変更できないのが残念です。

スポンサーリンク

スマホで手軽に確認できる

ブラウザから使えるので、当然スマホからも確認できます。なので電車で移動中にちょろっと見ることだって可能です。処理が落ちた時にメール通知が無いという不満をもらしましたが、毎日のようにスマホでチェックしていれば、処理が落ちていてもすぐに気が付けるかもしれません。

ただ、PC用の画面になっているので、スマホだと少し見づらいです。表が横長なので、左にある肝心のキーワードを見るためには、左まで横スクロールしなければなりません。

画面を横にすると、少し見やすくなりますが、やはりキーワードは左に横スクロールする必要があります。

普通のWEBサイトと同じようにブックマークできるので、iPhoneならホーム画面に入れてワンタップで開くことができます。まるでGRCをスマホにインストールしているかのような感覚です。

ちなみに、iPhoneのSafariだと、なぜかベーシック認証を毎回求められてしまうので、以下の方法でパスワードを保存しておくのがおすすめです。

iOS で Basic 認証パスワードを保存・自動入力する

まとめ

SERPOSCOPEの良い点、悪い点についてまとめておきます。

  • ソフトウェアは無料なのでサーバ代だけで運用できる
  • サーバで運用できるのでPCをいちいち開かなくていい
  • WEBアクセスできるのでチームでリモートで管理できる
  • 同じキーワードで複数サイトチェックする場合は一度の処理で済む
  • Googleのブラックリストに入れられてもVPSを作り直せばすぐに使える
  • Googleの仕様変更にも開発側が数日で対応してくれる
  • スマホから手軽に確認できる
  • YahooやBingには対応していない
  • 設定はターミナル作業(黒い画面)が必要になってしまう
  • キーワード一括登録時に他の項目もカンマ区切りで入力する必要がある
  • 時々エラーが発生する
  • エラーで落ちてもメールで通知してくれない
  • 人のURLも保存するのでデータ量が多くなりそう
  • 自動チェクの頻度は変えられず、毎日が必須。

さいごに

こんな感じで紆余曲折ありましたが、なんとかSERPOSCOPEを使えるようになりました。 GRCとようやくおさらばできます。

さて、検索順位をチェックするのも大事ですが、上位表示するためにのライティングのコツがあります。私が考えたテクニックは自分の「感情」をうまく使うというものです。以下で説明していますので、参考にしてみてください。

これからは"感情ブログ"が稼げる理由と書き方私は2015年頃にブログを始めましたが、ブログで稼ぐための文章表現では「感情」が重要だという考えに至りました。その理由を説明します。また...